83歳で一人暮らしを経験している父を見て思ったこと・食事は大切です。

母が大腿骨骨折をして入院しました。

まさかの転倒で母が大腿骨骨折になり入院しました。

もう半月以上になります。

二人暮らしだった父は、当然一人暮らしとなりました。

一人暮らし

一人暮らしになると、一人でなんでもこなさなくてはなりません。

少し前まで父も足の指を骨折して歩くこともままならなかったのですが、

幸いにも今は何とか一人で(杖を突いていますが)歩いて外にも出られるようになりました。

もし一番ひどい時の状況だったら、自分も施設に入らなければいけなかったのかなと言っていましが、

母が旅行でいないとき(長くても3泊4日程ですが)は自分でやった経験はあるので、多少はできています。

一人暮らしで最低限必要な作業とは

食事

食事は出来合いのものを近所のスーパーで買ってきて食べています。

料理はしません。

出来るのはお湯を沸かすくらいです。

料理をすると洗い物も増えますしね。

極力手間がかからない努力をしていると本人は申しておりますが、

出来ないことも事実です。

3.4日でしたらそれでも全然困らなかったんですけれどね。

一緒に買い物に行くと、

 

今日の夜これ、明日の朝はこれ、生野菜もカットしたのを買おう

そんなことを言いながら買い物をしていました。

洗濯

洗濯は洗濯機がやってくれるので、放り込んで廻して、

外に干しています。

一人なので毎日しなくても大丈夫なんですって。

掃除

掃除はしなくても大丈夫です。

せっかく良くなった足にけがでもされたら大変なので、

私や妹が行ったついでに目についたところは掃除するようにしています。

出来ないこと

父も母も当然のように面倒を見るのは母で、父一人になる生活がやってこようとはゆめゆめ考えていませんでした。

なので当たり前のことでもわからないことがあります。

お金の管理ができていない

家計はすべて母が管理していたので、お金をおろすことができないんです。

通帳のありかも知りません。

なんて幸せなんでしょうと逆に思ってしまいましたが・・・

今は便利になって買い物はクレジットカードで買い物ができるので、

お金がなくても困ることはありません。

栄養管理ができない

食事は食べられても栄養管理はできません。

母は料理が趣味で手の込んだものを毎日作っていました。

栄養を考えていたかはわかりませんが色とりどりの食材が食卓に並んでいました。

基本国産しか買わないと言っていたこともあります。

こだわりもあったんですね。

パルシステムも愛用していました。

母が入院して、パルシステムの配達を止めて、冷蔵庫の中もすべて妹と分けて持って帰りました。

様々な食材が入っていましたよ。

でも父は何もできないので、傷んでしまいますから。

父が一人になって出来合いのものを買ってくるようになって、自分で不安になってきたようです。

何を食べているかわからない、栄養がちゃんと取れているのかと。

1日の食事3回もメニューを考えるのも大変になってきたようです。

毎日出来合いでは飽きてしまいますからね。

食事の改善策

今の状態で改善を考えるとしたら、食事でしょう。

毎日の事、メニュー作りは私ですら煩わしいことです。

という事でお弁当をとろうかと考えました。

宅配弁当

今は様々な宅配弁当があります。

高齢者向けに出しているものもあります。

少し調べてみただけでも色々ありました。

  • 宅配クック ワン・ツゥ・スリー
  • ワタミの宅食
  • ウェルネスダイニング
  • まごころ弁当
  • ライフデリ

調べなくてはいけないことは

  1. 配達区域なのか
  2. 配達頻度
  3. 最小発注数
  4. メニューの種類

まとめ

一緒に暮らして家事の手伝いをしてあげるのが一番ベストなのはわかっています。

ですが私の家族にも生活があるので仕事をやめるわけにもいかず・・・

夫や孫の世話も多少あるので、一緒に住むわけにもいかず・・・

申し訳ないとは思いますが、自分の出来る範囲で出来ることを考えなければいけません。

父が一人で生活することを考えていなかったのもありますが、

家事ができない男性の一人暮らしは本当に大変なんだと思い知らされました。

そして食事が大切なこともです。

今まで手作りの美味しい食事を毎日食べていた父にとって、出来合いの食事は初めは楽しそうでしたが、

やはり飽きも出てきますし、メニューも限られてしまいます。

そう考えると、宅配のお弁当サービスはありがたいですね。

多少高くても1食からの配達で、メニューが選べてと種類も豊富ですし、

栄養士さんがちゃんと考えて献立をたててくれるので、

家族も安心です。

今は一度試してみようと手配しているところ。

上手く父の口に合うお弁当屋さんが見つかればいいなと思っています。