57歳で白内障の手術をする~その①きっかけ

57歳で白内障の手術をするのは早いのでしょうか。

人それぞれではありますが、

加齢とともに誰にも起こりうる白内障という目の病気。

もともと私は目に持病がありまして、

もうずーっと前のこと、30歳にもなっていなかった頃でしょう。

右目に黄斑変性症が起こったんです。

年をとっていくと、加齢黄斑変性症をよく聞きます。

糖尿病でも症状が出る病気。

ですが、私はまだ若かった・・・

原因がまるっきりわかりませんでした。

眼科の定期健診~実は私・黄斑変性症なんです

黄斑変性の出た場所が、一番視力に影響を及ぼすところで・・・

右目はほとんど使い物にならず・・・

 

それから30年近くたっていますが、

眼科医さんとは長い長いお付き合いをさせていただいております。

 

年に数回検診に行く間に、白内障の症状が出てきたと言われ始めて数か月。

ものがぼやける

まぶしく感じる

等々の諸症状はありません。

先生の顕微鏡の中だけでわかるほど初期の白内障。

でも目に持病を抱えているので、症状が出始めてからでは生活に支障が出るかもしれません。

早めの手術がいいでしょうとの眼科医さんの診断でした。

ということで、手術の決断したのが昨年の6月のことです。

その②

57歳で白内障の手術をする~その②日帰りか入院か