10/1〜10/31 イオンでWAON・ときめきポイント5倍キャンペーン実施中 (衣料品・暮らしの品・日用消耗品)

56歳主婦が買うノートパソコンの選び方

今年の課題であるパソコンを買うことにしました

  • Windows7のサポートが切れるのが2020年1月。
  • その前に消費税が10%に上がるのが10月1日から予定。

という事は高い買い物はその前に済ませなければいけません。

どうせ買わなければいけないものならば、消費税が8%のうちに買うことが得策です。

という事でしばらく市場を眺めていましたら、欲しい機種が出てきましたので、考えてみました。

第一に色はレッドカラー

パソコンの詳しい方からしてみたら

 

???そこが一番大切!?

と言われるのが必須ですが、私はただのおばさんでパソコンにも詳しくありません。

しいて言えば、毎日触るものは気に入った色のものがいいという信念があります。

なのでパソコンは赤色!

白でも黒でもなく赤なんです。

これは譲れません。一番大切なポイントです。

となると必然的に選択肢が狭まってきます。

日本のメーカーになるんでしょう。

お金が有り余っていれば、その時の最新型最上位機種を買っておけば間違いないという思いはありますが、上を見ればきりがないので、ある程度のところで妥協は必要になってきます。

  • 安物買いの銭失いにならないように
  • でもあまりに高い買い物にならないように

そのさじ加減が難しい・・・

CPU

CPUは人間でいう「頭脳」で、演算処理を行う上で最も重要な部分。

歳とともに頭の回転も遅くなってくるので、せめてパソコンにだけは頑張ってほしいとの願いから、そこそこ性能のいいものをチョイス。

Core iシリーズ のCore i7 に決めました。

Core i3、5、7とありますが、数字が多いほど性能がいいんです。

ネット閲覧ぐらいにしか使わないパソコンにはもったいない性能かもしれませんが。

画面の大きさ

これは外に持ち運ぶことを考えていないので、15.6型に決めています。

56歳のおばさんには小さい画面よりも大きな画面が必須です。

メモリ

メモリとは、データやプログラムを 一時的に記憶する場所。

記憶する場所がたくさんあると、仕事がはかどりますよね。

今の私を見たら・・・3歩歩くとすぐ忘れてしまうという、メモリが少なすぎます(笑)

私のメモリ、増やせないかなぁ・・・無理です。

なのでせめてパソコンだけでも(やっぱり頭脳と一緒で)少しでも大きければたくさん記憶できるので、サクサク仕事ができます。

ですが、値段との兼ね合いもあって、8Gあればいいかと考えています。

出来れば4Gx2で8G。

後から増やすことも出来るんですって、私には無理ですが、お金を出せばやってもらえます。

ハードディスク

ハードディスクとは、パソコンのデータを保存する部品。

こちらも容量は多いに越したことはないのですが、

  • 今使っているデスクトップパソコンは残すのでデータはうつさない。
  • 外付けHDDも安く出回っている。

という事で、HDD 1TBの大きさで大丈夫かなと思っています。

光学ドライブ

DVDのみよりは、ブルーレイディスクドライブもついているものが、出来れば欲しいですね。

とはいっても録画するわけではなく、もっぱら視聴するだけですが。

オフィスアプリ

エクセル&ワードは娘や孫たちが使うので、必須です。

なければ安いんですけれどね。

絞った選択肢は

NECと富士通の2選択。

created by Rinker
NEC
¥161,985 (2019/10/22 11:09:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士通
¥125,000 (2019/10/22 16:28:13時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの2選択になりました。

東芝もレッドはあるのですが、今まで使ったパソコンが富士通&NECなので、使いやすいかなと。

今あるデスクトップはNECなので、出来ればNECがいいと思っています。

まとめ

とりあえず、自分に必要は機能とパソコンの処理能力と、出せる金額を考えてみます。

希望の機種が決まったら、値段サーチの開始です。

自分で購入可能な場所を考えましょう。

いくら安くても、買えない場所ではだめですからね。

あまり知識がないので激安ショップでアフターフォローがない場所ではちょっと無理かもしれません。

メーカーの直販サイトか近所の大手家電ショップが妥当なところなのでしょう。

リサーチは大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です