56歳、自分に正直に暮らしていくことが目標です

56歳でイオン銀行の積立式定期預金を始めてみようと思った理由とはパソコン資金でした。

56歳、我が家の家計は毎月赤字です。

赤字なのに貯金なんて出来るわけがないと思っていましたが、

強制的に貯金してしまえば、赤字は増えても貯金も増えるという事が出来るんだと気が付きました。

パソコン資金

今回パソコンを新しく買いました。

56歳主婦が家電量販店でノートパソコンを買う時の値引き交渉術とは

ノートパソコンです。

パソコンの寿命はどのくらいなのでしょうか。

使い方次第なのは当たり前の事ですが、有料の保証を6年つけることにしました。

という事は6年後の買い替えを頭に入れればいいのです。

6年間で次のパソコンを買う資金を貯めよう!

ぼたもち

とはいえ、赤字家計の我が家、どうしたらお金が貯まるのでしょう。

そして自動積立貯金にたどり着いたんです。

自動で積み立ててくれれば、6年後にはパソコンが買えるだけの資金がたまっているはずです。

イオン銀行の積立式定期預金

イオン銀行の積立式定期預金の金利はなんと年0.08%!

※ (税引後 年0.063%))2019年7月10日現在。

この金利の低いご時世にあってかなりの高金利。

嬉しい限りです。

イオン銀行の積立式定期預金は、

  • 毎月の預入れ金額は500円以上500,000円以下1円単位で指定できる
  • 年6回まで希望月に増額する取扱いも可能

とりあえず6年後にパソコンを買うとして、貯める期間は5年に設定することにしました。

5年=60ヶ月

2,000円積み立てで120,000円 ちょっと少ないです。

3,000円積み立てで180,000円 このくらいは欲しいかも、でも月に3,000円は多いかな。

積立って1000円単位というイメージがあるのですが、イオン銀行は500円以上1円から設定できるので、1,000円単位ではなくてもいいのもはじめやすい理由の一つです。

一月に2,500円、60ヶ月だと150,000円貯めることができます。

我が家にはこのくらいの金額が妥当。

2,000円以上3,000円未満。

他に増額月も設定できるので、ボーナスの出る7月と12月に少し増やせば20万ためられるかもしれません。

まとめ

我が家はクレジットカードで買い物をすることが多いので現金で買い物をしてのお釣り貯金は期待できません。

家計簿をきっちりつけているので、少ない現金出費でも現金収支はお財布と家計簿が一致しなくては気が済まないんです。

という事は、世間で行われている500円玉貯金も家計簿に組み込まれてしまうので・・・気が付かないうちにたまっていたという事はないんです。

ですので、我が家の貯金方法は口座からの自動積立という方法をとってみることにしました。

 

そういえば30年近く前に加入したさいたまコープの出資金積み立てがなんと20万近くになっていました。

今でも解約していないので、月々1,000円引かれているんです。

途中何回か引き出したことがあるのですが、それでもあると思うとうれしいです。

月々1,000円1年間12,000円。

でも20年積めば240,000円になるんですね。

ちりも積もれば山となる。

継続は力なり。

気が付くと増えているのはうれしいです。

自動貯金とはいえ、あんまり初めから目標を高くも持ち過ぎ、頑張りすぎて続かなくなっても意味がないので、

細く長く続けられる金額でやってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です