3月イオンお得カレンダー更新

25万の家計簿の内訳~光熱費

25万の家計簿予算

最後は光熱費です

光熱費

予算 25,000円

  • ガス代
  • 水道代
  • 電気代
  • 灯油代

この4点が我家の光熱費です。

ガス代

一番高いであろうと言われているプロパンガスです。

冬場は13,000円くらいかかりますね。

我家は古くからの付き合いで町のガス屋さんで契約しています。

安い大手のガス屋さんとか都市ガスにするとか、

いっそ娘の家のようにオール電化にしてしまうとか、

節約の選択肢は多々あるのですが、

主人が昔かたぎで、付き合いを大事にするので、

今のガス屋さんとは切れない縁なんですね。

なので、使用を節約するということしかできません。

水道代

2か月で6,000円ほど。

これはかなり安いかなと思っています。

外回りは井戸水で賄っているせいかと。

スポンサーリンク

電気代

最近は10,000円を超えませんね。

主人が家じゅうの電球をLEDに変えて回っていますが、

その成果が出てきたのでしょうか。

夏冬問わず冷房と暖房時期での変動は、電気代の中では感じません。

冷房を他家よりは使わないのでしょう。

灯油代

主人がめっきり寒がりになりまして、

冬場一人でいてもファンヒーターを2台フル稼働しているときもあります。

もったいないと電気を消さないとぶつぶつ言っているのに、

ファンヒーターに関してだけは、かなりの無駄遣いをしていますね。

消して歩くのは私です。

なので、今年の1月の灯油代はなんと15,000円ですよ。

使いすぎですよね(~_~;)

でも私の見えないところで主人が使いまくっているので、

何を言っても寒いの一点張りですから。

ここはこれから主人との戦いで減らしていかないといけません。

まとめ

足してみると一番多きときで、41,000円になるわけですよ。

25,000円の予算では全然足りません。

そこは1年トータルで見て、高いときもありやすいときもありで、

平均25,000円になるようにもっていきたいです。

使わないときに冬場の灯油代をためておく

ぼたもち

光熱費って使い方で節約は可能なんです。

後は努力とこまめさが大事ですね。

こうして家計簿をいろいろ書きだして考えてみたら、

  • 無駄な項目
  • 節約できる項目
  • このまま維持していく項目
  • わかってはいるけれど節約できない項目

こんなところが見えてきました。

毎月立てた予算にどれだけ使づけられるかが、

これからの生活の大きな目標です。

何せ、入ってくるお金は少なくなっていくばかり。

年金だけになっても生活行けるだけのレベルに

持っていかなくてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です