12月イオンお得カレンダー更新

2020年手帳計画①メインはほぼ日手帳のカズンに決定

もう11月も半ばすぎてしまいました。

来年の手帳は決まりましたか。

たかが手帳、されど手帳。

1年の計は元旦にありとも言います。

元旦から新たな気持ちで手帳をつけ始めるには、そろそろ決定していなくては間に合いません。

私はさんざん悩んでやっと形になりました

手帳は1つとは限らない

手帳1つで何もかも済ませてしまおうと思うことが、私には間違いなのかもと気づきました。

いつもそばにおいてすぐ書きたいなら、持ち運びに便利な軽い薄い小さいタイプのものがおすすめ。

家計簿として使うならある程度書くスペースが必要。

この段階で相反する用途を求めていることがわかります。

そして、私はほぼ日手帳ファン

昨年は清水の舞台から飛び降りるつもりで念願のジッパータイプ、ポーターのカバーを買いました・

ほぼ日手帳2019年を買った日の決断と到着して思ったこと

その時はまさか、今年も同じく悩むとは思ってもいませんでした。

ずーっとほぼ日オリジナルで行くつもりだったんですから。

でも、1年使ってみて無理なことに気が付いてしまいました。

ほぼ日オリジナルでも持ち運ぶには、若干大きすぎました。

そして私のすべてのことを書き込むには小さすぎたんです。

持ち運ばないと決めたからほぼ日カズン

手帳はいつでもそばに置いておくもの。

この気持ちに変わりはありません。

ですが、持ち運ぶのがほぼ日手帳ではなくてもいいことに気が付きました。

持ち運ばなくてもいいのなら、カズンでも全く問題ないのです。

そして、持ち運ばなくていいのなら、高いカバーを買う必要もないのです。

ということでロフトに出向いて、手帳本体のみ買いました。

それと下敷きも買ってしまいましたが。

アマゾンでも本体のみなら買うことも可能です。

A5サイズですから、オリジナルと比べるとかなり大きいのがわかります。

  • 持ち運ばないからこの大きさでも大丈夫
  • 持ち運ばないからケースなしでも大丈夫

カズンは日記と家計簿の役目を補ってもらいます。

毎朝毎晩手帳に向き合う時間がとれたらいいなと思っています。

まとめ

くどいようですが、2020年はほぼ日手帳を持ち歩きません

持ち歩かないということは持ち歩きようの手帳を他に用意するということです。

手帳は1つとは限らない。

2つ持っても3つ持ってもいいのです。

今までは何でも一つに収めようと思っていました。

発想の転換ですね。

決めたら心が軽くなりました。

あとは持ち歩く用の手帳を探せばいいのです。

軽くて薄い手帳。

大変だとは言いながらも手帳選びは楽しいです。

スマホでなんでも管理できるとは言っても、やっぱり字を書くことはやめられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です