食費をパルシステムとコストコだけでやりくり出来るか試してみよう

パルシステム

パルシステムとは国産・産直・環境にこだわり、安全・安心な食材や生活用品を週に一度、ご自宅まで届けてくれる生協の宅配。

私が慰労しているのがパルシステムですが、生協の宅配にはもう一つ、コープデリもあります。

コープデリとパルシステムの違い

コープデリ

  • 比較的安い
  • スーパーで売っている市販商品もある
  • 商品も豊富
  • 特売品もある

パルシステム

  • 比較的高め
  • 市販商品はあまりない
  • 国産商品にこだわりがある

より食品にこだわりがある方がパルシステムと理解しています。

コープデリは市販の食材も扱っているので、扱い商品は多くなります。

私がパルシステムを選んだ最大の理由

クレジットカードが利用できる

そのことだけだったんです。

安さをとるのだったらコープデリなんですが、クレジットカードのポイントからは逃れられない悲しい宿命が・・・(大げさですが)

半年ほど試してみましたが、確かに美味しいと思います。

老後の事を考えると、パルシステムで良かったかなと今でクレジットカードが使えるというメリット以外でも思えるようになってきました。

歳をとると量より質になってきますからね。

コストコ

コストコホールセールは、高品質な優良ブランド商品をできる限りの低価格にて提供する会員制倉庫型店。

倉庫型店というだけあって広く大きい買い物スペースがあります。

本社がアメリカなので海外製品が豊富なところが一般のスーパーと大きく違うところ。

個人会員はゴールドスターメンバーと呼ばれ年会費 4,400円 (税抜)がかかります。

Amazonプライムの会員費よりも高いのです。

コストコには100%保証というシステムが存在します。

商品保証:全商品について、会員の皆様に万一ご満足いただけない場合、商品と引き換えに、代金を全額返金

年会費保証:会員の皆様がコストコホールセールのシステムやサービス内容にご満足いただけない場合、有効期限内であれば解約し年会費を全額返金

年会費まで返金してくれるんですね。

コストコは商品1つの量がとても多いです。

決して安売りのスーパーではありません。

1回の買い物で10,000円を切ることはほとんどありません。

コストコとパルシステムだけで食費が賄えるのか

コストコはやめられません。

ワンダーランドですからね、定期的に行きたくなるんです。

そのための出費が節約を邪魔していることも事実。

という事はコストコでの買い物生活費の予算に組み込んでしまえばいいことに気が付きました。

パルシステムは節約には向かないと言われる方も多いのですが、

我が家の場合は意外と食費の節約に役立っています。

私の買い物に行く回数が減ったことが一番の要因だと思うんです。

買物に行けばついつい余計なものまで買ってしまいますからね。

今はスーパーで買い物と言ったら

  • お酒類
  • 豆腐
  • 生ラーメン
  • しらたき
  • こんにゃく

このくらいです。

これはパルシステムよりスーパーでの方が安いことが理由です。

肉や魚&野菜はパルシステムで買っています。

でもスーパーに行ったら他のものも買いたくなってしまうので、多少高くても、パルシステムでとる方がいいのかもしれません。

この状況でコストコの入る余地はあるのでしょうか。

イオンのポイントをあきらめる

パルシステムとコストコで食費を賄うという事は、

イオンに買い物に行かない=イオンのポイントをあきらめる

という事になります。

買物に行かないようにしなければ、節約にはなりませんからね。

ポイントマニアの私にはこれば一番つらいかも(^_^;)

まとめ

コストコでの買い物がやめられないのなら生活費に組み込んでしまえばいいと思ったものの、果たしてうまくいくのでしょうか。

パルシステムとコストコの商品を見極めて、買いすぎないようにいいとこどりが出来ればいいのですけれど。

しばらくは極力スーパーにはいかず、パルシステムとコストコで生活を試みます。

スーパーの方が安いものが多々あることも承知の上で、

スーパーに行かないメリットを考えるようにしてみます。

さて結果はいかに。