自作は面倒だ・市販の家計簿を買おうと思い立ち探しています。

自作の『孫と私の家計簿』

『孫と私の家計簿』色々考えた末、自作が一番という結論になりました。

少し前までは・・・

孫と私の家計簿・用紙はエクセルで印刷しました。

かなり頑張って作りました。

私なりに満足のいく出来だったのです。

それはそれでよかったのですが、

12月に入り、忙しくなり、だんだん作ることに面倒さを感じてきました。

家計簿は手軽に書けないと、長続きしないんです。

家計簿は続けることに意義がある

そして、12月に入り市販の家計簿がたくさん店頭に並んできました。

嫌でも目についてしまいます。

そして本屋さんで立ち読みをする私。

手に取ってみると、紙質がわかっていいんですよ。

手帳を選ぶときに大事なのは紙質ですからね、当然家計簿も一緒です。

そしてついに自作以上になるかもしれないと思う家計簿を、見つけてしまったんです。

ネットで探していると、良さがわかりませんが、いざ手に取ってみると、

使いやすさが自分向きかわかるんです。

市販の家計簿によろめく私

さまざま出ている家計簿の中で、私が探すのはもちろんA5

A5サイズの家計簿なんてなかなかないと思いきや、12月になると、

色々出てきてしまったんです。

何が何でも持ち歩こうとする私にはピッタリな家計簿

第一候補は

高橋手帳

No.31 しっかり!暮らしのたのしい*かけいぼ (月曜始まり)

これが一番私の自作仕様に近かったんです。

  • 月曜始まり
  • 右端には集計と累計欄あり
  • 月固定ページ
  • 年間決算表
  • 公共料金一覧表
  • ペンホルダー
  • クレジットカード・医療費・保険・年金控えページが別にあり
  • 方眼メモ付

以上のページがそろっていて、A5サイズ

紙質もいい感じです。

さすが高橋手帳と思わざる負えません。

ほぼ日と比べたこともありました。

高橋手帳の2018年版 No.214 リシェルを買ってしまいました。

高橋手帳の手帳も好きなんですよ。

結局手帳はほぼ日手帳に軍配が上がりましたが。

さて、家計簿は、これを買うかどうか只今思案中。

お値段はというと1,004円なんです。

1年使えばほぼ日手帳よりも安いですよ~~~

基準がそこかい(笑)

ぼたもち

年間項目を考え直す

10月・11月と自作で練習がてらつけ始めているのですが、

年間項目を考え直すことにしました。

今までは

  • 娯楽費
  • 誕生日
  • 結婚記念日
  • 母の日
  • クリスマス
  • 年越し
  • お年玉
  • 旅行

とイベントごとに分けていたのですが、娯楽費になんでもかんでも組み入れてしまう家計簿になっていました。

娯楽ではなく日常生活に必要な家電等々も娯楽費として扱う。

それは違いますよね。

という事で

  • 家庭用品
  • 衣服
  • 医療費
  • ガソリン代
  • 外食
  • イベント
  • 旅行

この7項目に分けました。

この中でどのくらいの出費になるか1年かけてみていきます。

この年間項目も、高橋手帳の家計簿では、

クレジットカード控えなどのページで代用できそうなんです。

まとめ

私が欲しい項目は市販の家計簿にはない!!

そう決めていましたが、市販でもありました

となると、毎月プリントアウトする手間が大変だと思えてきてしまうんです。

人間楽な方へと流されやすいものですからね。

たかが家計簿、されど家計簿。

これから私の人生にはとても大切なものです。

『孫と私の家計簿』今は練習期間期間です。

本番は来年1月1日からスタートになります。

  • 自作
  • 市販のNo.31 しっかり!暮らしのたのしい*かけいぼ (月曜始まり)
  • 他に市販はあるのか?

早めに決めたいと思っています。

12月は何かと忙しく出費も多くなりますから、何であれ、記録はしていきます

そして来年1年かけて、出費の内訳を見極めて、

老後に必要な経費を考え直そうと思っています。

今からでは遅いくらいですが、

やらないよりはと思って頑張ります。