老後に保険の見直しは大切だけれどもむやみに解約してしまうと後悔することもあると感じた事

母が入院しました。

まさかの転倒で母が大腿骨骨折になり入院しました。

入院時に病院に支払う費用とは

病院で入院している間にかかる費用はというと

治療・入院費

後期高齢者医療制度 高額療養費という制度があるので、

月にかかる費用は、母の場合最大57,600円です。

これは収入によって変わってきます。

年金だけの実家は、『住民税課税世帯』のくくりが『課税一般』にあたるので、この金額になります。

もっと収入のある方や逆に収入の少ない方は違ってきます。

食事代

1食 460円かかります。

20日入院すると27,600円かかります。

レンタル代&クリーニング代

  • パジャマやタオルなどのレンタル代や、消耗品(歯ブラシやコップなどなど)代
  • クリーニング代

家からすべて持ってきて賄ったり、クリーニングも自宅でしますと言えばかからないものかもしれませんが、病院で指定があったり、家族が忙しくてお願いしたいと思ったらかかる費用です。

1日1,000円だと思っていればいいのかもしれません。

20日入院したら20,000円です。

差額ベッド代

これは大部屋に入院すればかかりません。

ですが2人部屋なり個室なりしか空いてない場合もあります。

希望しなくても最悪かかってしまうことがあります。

母の入院している病院は

  1. 1人部屋風呂付 1日 16,800円
  2. 1人部屋 1日10,800円
  3. 2人部屋 1日5,400円

母は1人部屋に入院したので(本人が望みました)20日入院すると216,000円です。

 

入院が20日で済むと考えた場合

トータルで30万ほどかかる計算

差額ベッド代がなければ10万で済むんですけれどね。

今の病院は3週間で退院しなければなりません。

そのあとに自宅に帰れるかリハビリの病院に転院するかは、今後の経過を見てから決めます。

そのあとリハビリの病院に転院という事になれば、さらにお金はかかることになりますが、今はそのことは抜きにして考えました。

怪我の保険は解約してしまったという母

さて、母に医療保険は何か入っていると聞いたら、コープの怪我をしたら一時金が出る保険しか入っていないとの事。

その言葉を信じられず、実家を探してみました。

でてきた証書はアフラックの入院保険。

これだと1日5,000円+手術で5万・10万・20万でる保険です。

ですが日付がちょっと古い。

少し前に保険見直していくつか解約したのよ

もしかして・・・と思いアフラックに電話したら(契約者の父がそばにいたので代わってもらって話してもらえました。基本本人にしか契約内容は話してはくれません)

案の定がん保険のみ残して解約していました。

生協の保険を見たらどうも一時金として45,000円しかでないようです。

歳だから怪我はしない、病気にだけ対応すればいいと考えて解約してしまったようです。

いざという時の保険ですからね。

見直しをすると大抵は入りすぎですと言われてしまうことが多いです。

母も御多分にもれず、見直しでアフラックの傷害保険を解約してしまったのです。

医療保険は病気だけだと母の勘違い

母は医療保険は病気だけしか保証してくれないと勘違いしていたんです。

通常医療保険には

  • 病気(疾病)を原因とする治療のための入院・手術費用の保障
  • 事故等による怪我を原因とする治療のための入院・手術費用の保障

こちらの両方をカバーしてくれんです。

医療保険は何か入っているかと再度聞いたら、

 

簡保には入っているわよ

でも病気の保険だから

そう思い込んでいたんです。

医療保険ですからね。

でも医療って怪我の時も医療ですよ。

これで1日5,250円の保険が降りることがわかってほっとしました。

まとめ

入院にはお金がかかります。

そのために医療保険があります。

入院費自体はそれほどかからないかもしれません。

病院に払う費用は目に見えてわかります。

でもそのほかに見えない出費も多々出てきます。

  • お見舞い時の交通費・駐車場代
  • 母が留守の時の父の食事・惣菜を買ったり出前をとったりと、普段料理をするより食費も増えていきます。

そのために出来るだけ多くの保険に入っていた方がいいとは思いますが、

保険料もいくらでも払えるわけではありません。

お金のことに関しては私も妹も援助はできないと思います。

家事を手伝ったり父の送り迎えをしたりと手はかせますが。

保険は大切です。

退職後の保険の見直し・・・でも解約はしなかった

夫が退職したときに解約してしまおうと一度は考えましたがやめました。

その決断がよかったのだと今感じています。

毎月保険代を貯めておけばいいんだという事も言われますが、

やっぱり保険は保険でとっておきたいですね。