給料明細を見てみて驚き!お給料が増えていました。

お給料明細を見て???

いつもより手取りが気持ち多いかも

ぼたもち

普段より残業をした記憶もなく、じっくり給料明細を見てみました。

違いが今一つわからず・・・でも確かに少し多い。

多いことに越したことはないのですが、理由がわからないとなんだか気持ちが悪い。

税金でも減ったのかなと考えても見たのですが。

そこで先月の給料明細を引っ張りだして比べてみます。

そうしたら、違いはなんと、基本給が2,000円もアップしているではないですか。

嬉しいですね。

よくよく見なければわからない程度のアップですけれど、年度が替わったので昇給したという事になるのでしょうか。

確かわが社の規定では、56歳から徐々にですけれど、給料は下がっていくことになっています。

後少しで56歳なので、もう下がることしか考えていませんでしたから。

そのまさかのその時期にアップすることがあるなんて。

時給にしたら12円程度

微々たるものですが、それでも、思いもよらないご褒美。

ちょっと早い誕生日プレゼントだと思うことにしましょう。

 

同じ仕事をしていても、歳とともに能力が下がってくることは否めないこと。

会社としてもお給料を下げる決断は致し方ないことでしょう。

私に対してだけではないはず(当たり前ですが)

お給料が下がる現実を見ることは、自分の体力・能力の衰えを感じるいい機会なのかもしれません。

 

来年はきっと、いえ絶対下がります。

その前に会社としてのささやかな誠意。

そのささやかな気持ちで、これからも仕事に励もうと思えるようになりました。

私の事も見ていてくれたんだ

ぼたもち

その証ですものね。

 

お給料がどれだけ下がっても、今の会社を60歳の定年まで、

いえいえ60歳以上の再雇用でそれ以上に働かなければ、我が家計は成り立っていきません。

まだまだ長い付き合いの会社ですので、いい関係で続けていきたいです。

これからもよろしくお願いしますと、面と向かっては言えませんが、(社長は遠くです(笑)

心に誓いました。

 

頑張れ私!!

会社も頑張れ!!