私がほぼ日手帳にこだわる理由と求めるものとはいったい何なのだろう

ここのところ、頭の中はほぼ日手帳の事ばかり。

何故こうまでして、ほぼ日手帳にこだわるのか、

何を求めているのか、今更ながら考えてみました。

ほぼ日手帳のことを考えて悩むこと日々

ほぼ日手帳を手にしたら、

  • 何を書きたいですか。
  • 何を書いたらいいですか。

ほぼ日手帳を手にして3年たちますが、いまだに答えは見いだせていません。

使いこなせているかというと、まったく出来てないのが現状です。

白紙ページが山ほど見える私の手帳。

 

いい加減あきらめなさい。

あなたには手に負えない手帳だから

と、

どこからか声が聞こえてきそうです。

 

何度挫折したかわかりません

何度ほかの手帳を手にしたかわかりません。

今でもほかの手帳を見ることは辞めないでいますよ。

じぶん手帳

ほぼ日手帳を検索すると、じぶん手帳なるものの存在を見つけました。

じぶん手帳とは

週間バーチカルがメインの3冊に別れたコクヨの手帳だということがわかりました。

手帳の王道です。

じぶん手帳がスケジュール管理に便利な手帳だとしたら、

ほぼ日手帳は日記に近いのでしょう。

どちらも公式ガイドブック的なものが発売されるほど、人気の手帳なんですね。

 

心が揺らがないわけではないですよ。

きっと私は手帳マニアの部類に入るのでしょう。

それでもほぼ日にこだわるわけとは。

ほぼ日手帳に求めること

色々考えては見るものの、最終的にはほぼ日手帳を使いこなしたいんです。

1日1ページ

ほぼ日手帳の一番メインなページ。

そして、このページの使い方を考え悩むんです。

今の私は横線を引いて3分割にして、

  1. 日々の出来事
  2. ブログネタ帳
  3. 家計簿

と分けています。

たかがA6のページにこれだけ詰め込むのかと言えばそうなんですが、

空白になる個所が多々出てきてしまうんですね。

区切らず好き勝手に描いたほうがいいのかな、

でも家計簿枠は残しておかないと後からは書きずらい。

想像は膨らむばかり。

月間ページ

これは予定を書き込むページのつもりだったんですが、

予定だったり、買い物したものだったりと、予定+実行記録になっています。

こちらは1日1ページと違い、書くことがあふれています。

年間インデックス

このページはまるっきりの使い道がわからず3年間放置したままです。

さて何を書いたらいいのでしょう。

それもこれからの課題です。

フリーページ

フリーページも豊富なんです。

何でも書ける=書くことがわからない。

まとめ

私にはいまだ決断する勇気がありません。

  • オリジナルにするかカズンにするか
    カズンはもち運びには向かない
    いつでも手に届くところに置いておきたい。
  • カバーを買うか今のカバーで代用するか
    吉田カバン、ポーターのコラボ商品を買うつもりでいたけれど、
    早々にロフトで売切れて、私の中で検討中
    持ち歩くにはカバーが邪魔だったりもする
  • 手帳の種類が選べない
    「月曜はじまり」「日曜はじまり」の2種類
    1年を2冊に分けた「avec(アヴェク)」

 

やはりじっくり考えて、手帳本体の使い道がしっかり決まってから、

カバーのことを考えましょう。

今の手帳本体の悩んですサイズと言えば、

  • オリジナルの月曜始まり
  • 1年を2冊に分けた「avec(アヴェク)
  • カズンの1年を2冊に分けた「avec(アヴェク)

この3つから手帳を選ぼうと決めています。