9/21〜9/28までイオンでときめきポイント10倍

相変わらずの家計簿放浪生活を送っております・ほぼ日手帳カズンに決められない理由

孫と私の家計簿

生活費4項目+娯楽(お小遣い)費3項目

固定費+年間娯楽費

このすべてを満足して記入できる家計簿を探しています。

手帳本体 カズン( avec7月はじまり)A5サイズ/分冊版(後期のみ)/月曜はじまり]に決めたはずだったのですが・・・

ほぼ日ストアーで返品をしてみた理由と結果

第一候補はほぼ日手帳カズン

言わずと知れた!?ほぼ日手帳のA5サイズ版 カズン。

私はほぼ日手帳マニアだったので(今さら気づく・・・)ほぼ日手帳はいつでもそばに置いておきたいんです。

なので家計簿はほぼ日手帳にできたら、とっても嬉しいのですが、

今まで使っていたオリジナルでは小さすぎました。

1日1ページの半分を家計簿にと思ったのですが、集計をするときにいちいちめくらなくてはいけない手間があります。

出来れば1月分同項目は見開きで集計したいです。

そんな気持ちからカズンを買ってみたんです。

週間ダイアリーを日々の買い物の家計簿に

年間インデックスを固定費一覧に

こんな感じで記入していこうと思っていたのです。

試してみました。

オリジナルとカズンの大きさの違いは

カズンは持ち歩きには向きません。

会社と家のみになりますね。

後は出先では、付箋だったり、メモだったりで書いて貼り付けるようになるでしょう。

ただ失敗はできないんですよ。

高いんです。

手帳本体で3,780円

分割版1年分だと4,190円。

カバーを買おうと思うと10,000円は覚悟しないといけないんです。

ですので、十分練習して、使えると思った時に、来年板を購入しようと思っているんです。

何せほぼ日手帳オリジナルにも大金を投入していますからね

ほぼ日手帳2019年を買った日の決断と到着して思ったこと

試してみて、迷いが出てきました。

やっぱりですね。

一度は試してみないことには気が済まないのがほぼ日手帳。

100円均一の家計簿

そんな迷いが出てきた矢先、なんと100円均一のお店に

こんな家計簿を見つけてしまったんです。

項目が7個

まるで孫と私の家計簿に合わせるかのような作りです。

いつからでも始められるように日付は空白です。

しばし眺める

考える

紙質が好みではない

ぼたもち

そうなんですね、ほぼ日手帳は紙質が好きなんです。

はい、結論は出ていません。

A5方眼ノートで自作する

づんさんの家計簿のようにまるっきりの自作をする

created by Rinker
アピカ
¥498 (2019/09/23 06:18:34時点 Amazon調べ-詳細)

ほぼ日手帳オリジナルは、スケジュール帳として持ち歩き、

家計簿は新たなノートで付けるという選択肢。

これだと別途出費は500円~1,000円ほどで済むはずなんです。

そして方眼ノートは紙質が好みのものもあります。

まとめ

家計簿の仕訳方は決めました。

ですがつける家計簿が未だに決まりません。

こんなことに、時間もお金もかけてはいけないはずなのですが、

ほぼ日手帳にこだわるあまり、選択肢を狭めているような気がしてきました。

今だったら、

手帳本体 カズン( avec7月はじまり)A5サイズ/分冊版(後期のみ)/月曜はじまり]を買った3,000円の勉強料ということで、

まだ来年のカズンを買う前なので、取り返しがつくんです。

やっぱり自作家計簿が一番見やすく作れるのでしょう。

それでも決めかねていますが(・_・;)

優柔不断な性格が災いをしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です