未だ緊急事態宣言を抜け出せない彼を見て思う事

我が家にはまだ一人、緊急事態宣言中の彼がいます。

その彼とは小学3年生の一郎君。

学校も行けるようになりました。

私が作ったマスクをつけて元気よく通っています。

少年サッカーも始まりました。

泥だらけになって帰ってきます。

楽しそうに生活しているように思えますが、・・・

 

久しぶりに焼肉食べに行こう!!

 

焼肉を食べ肉のが大好きだった彼に声をかけました。

ところがです。

一郎

まだコロナはいるよ・・・うちで食べようよ

そんな答えが返ってきました。

娘に聞くと、スーパーに行っても頑としてお店の中には入らないんですって。

一人で車で待っています。

もともと人混みが苦手は子でしたが。

 

そう言えは昨年までは

温泉に行きたいな

口癖のように言っていましたが、最近は

じいじ

コロナが落ち着いたら温泉行こう

主人が誘ってみても、肯定も否定もせず、確かな返事は戻って来ません。

 

小さい心に何を思っているのでしょう。

3か月の休校、ニュースでのコロナ報道。

心に影を落としてしまったみたいです。

 

学校に行けているのだからいい。

食べに行きたくないなら、家で焼き肉すればいい。

温泉のもとでも買って来よう。

 

そうだ、用心することに越したことはないんだ。

 

彼の気持ちが落ち着くまで、私も自粛生活を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です