10/1〜10/31 イオンでWAON・ときめきポイント5倍キャンペーン実施中 (衣料品・暮らしの品・日用消耗品)

日焼けと骨粗鬆症の関係~シミと骨の丈夫どちらととる?

日焼け防止と骨粗鬆症

この時期、紫外線はお肌に大敵で、日焼け止めを塗りたくっていました。

朝はスプレーを何個もふりかけます。

日焼け止めスプレー、制汗スプレー、ヘアスプレー、間違えると大変(^_^;)

でもこの間ニュースで、完ぺきな日焼け防止は骨粗鬆症を起こしやすくなりますってやっていました。

骨粗鬆症予防には、カルシウムを摂取するのが一番いいですが、そのカルシウムの吸収を助けるのがビタミンD

そして日光浴で得られるのがビタミンDなんです。

 

そして50歳も過ぎれば、骨粗鬆症の予備軍ですから、骨を丈夫にすることを考えなくてはいけません。

足腰丈夫であれば、子供にも迷惑かけなくて済みますし、自分もいろいろ楽しめます。

でもいくらおばさんでも、女であることは忘れたくないんです。

その格闘があります。

 

日焼けはしたくない

でも骨は元気でいてほしい。

ぼたもち

 

骨粗鬆症予防

  • バランスの良い食生活

    カルシウム 牛乳、チーズ、干しエビ、わかさぎ、ごま、小松菜 など

    ビタミンD きくらげ、あんきも、しらす、サケ、身欠きニシン など

    ビタミンK 納豆、わかめ、のり、緑色の野菜

    タンパク質 肉、魚

    喫煙はNG、アルコール・カフェインは控えめに。

  • 適度な運動

    日光浴とウォーキング

    階段昇降運動

    ストレッチ

結局

あれ!?疲れてますの時と同じような・・・

疲れ予防と骨粗鬆症予防って同じようです

結局歳とともに、若い頃よりはいろいろ気を使って生活しないといけないんですね。

さて日焼け止めは、顔はもうばっちりガードしますが、手や足は適度に日焼けしようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です