年金生活に向けて25万の家計簿を再度検討してみました

収入が年間300万にしかならないのに、支出はなんと昨年500万越え。

200万もオーバーしているんです。

お先真っ暗な現実から目をそらしたくなりますが、そらしてはいけません。

今年もまだ3か月も残っているのに、370万の支出になっています。毎月40万の支出をしている計算。

後3か月だと120万。

やっぱり500万近くの支出になる予定です。

節約・節約と口では言っていますが、なかなか現実は上手くいっていません。

年間300万の収入

年間の収入は300万。

夫の年金と私の給料を足した額です。

年間300万の手取り収入があるのですから、それほど悲観する金額ではないと思わなくてはいけません。

  • 大人3人世帯
  • 子供にかかる教育費はなし
  • 住宅ローンもなし

そう考えるとやっていけない金額ではないと思います。

固定費で170万

その中で固定費として出る金額をアバウトに考えてみました。

  1. 税金(固定資産税&住民税) 35万
  2. 保険 35万
  3. 通信費 35万
  4. 光熱費 40万
  5. 新聞代 5万
  6. 車代 20万

トータル170万です。

年間収入の半分以上を占めています。

固定費を除いた金額は130万

生活費として残る金額は年間130万です。

その130万で賄うものはというと

  1. 食費
  2. 酒代
  3. 日用品
  4. 医療費
  5. 娯楽
  6. 妻と夫のお小遣い
  7. 孫費

毎月の予算は11万

この金額を振り分けてみました。

  1. 食費  5万円
  2. 酒代  2万
  3. 日用品 0.5万
  4. 医療費 0.5万
  5. 娯楽 3万

今節約するべき項目は娯楽費

やっぱりそうなります。

わかりきっていることではありますが、

  • 妻の小遣い
  • 夫の小遣い
  • 孫費
  • 外食費

合わせて3万で納めなければなりません。

それが我が家の現実。

毎月の家計簿で見なくてはいけない金額は固定費以外の金額となります。

まとめ

娯楽費を削ることは

  1. 私が我慢すること
  2. 孫にいい顔を見せない

これに尽きると思うのです。

頑張らなければいけないのは自分です。

この娯楽費の金額を上げるためには

  1. 保険の見直し
  2. 通信費の見直し
  3. 光熱費の節約
  4. 食費・酒代の切り詰め

このような対策もあります。

手を付けるところがたくさんあるという事は節約も出来るはず。

お金がないないというばかりではなく、上手に今あるお金を使っていくよう心掛けたいと思います。

家計簿を1年以上試行錯誤でつけていた結果、出ていくお金をなんとなくでもわかるようになりました。

これが節約の第一歩です。

ここからが勝負。

来年の今頃には年間の出費が減っていることに期待を込めましょう。