家計簿の項目を多くすると長続きしない

家計簿

項目は何個必要でしょうか。

あまり多くして、ストイックに細かく家計簿をつけていると、

ストレスになり、長続きしないと言われています。

 

いざ私も食費の管理をきちんとしたくて、項目を細かく分けようと試行錯誤しています。

しているうちに、こんなに細かくつけられるのかという疑問がわいてきました。

だいたい、自分でつけるのが長続きしないので、マネーフォワードの自動記帳に頼ることにしたのですから。

でも食費はきちんと把握したい。

このジレンマに今陥っています。

市販の家計簿

市販の家計簿を本屋さんで立ち読みしてきました。

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2018 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ) [ 細野 真宏 ]


2018年版 主婦の友365日のおかず家計簿 [ 主婦の友社 ]


Happy家計簿(2018) (ベネッセムック サンキュ!特別編集)

その他色々、もう何十種類出ています。

今が一番品ぞろえのいい時でしょう。

でも通常はこの一冊で、すべてを管理するための家計簿なので(当たり前です)

通常の必須項目がすべて乗っているので、私には必要ない部分が半分以上あります。

これでは意味がないので、却下しました。

ほぼ日手帳

オリジナルのサイズだと、小さすぎて、書き込みする余裕がありません。

ではA5サイズのカズンにしたら と思ったのですが、1日1ページでは、集計が面倒です。

出来れば1週間分でも一目でわかった方がいいのです。

自主作成

となると、残りは自分で白紙のノートに作成するしかなくなってきました。

食費項目

  •    この肉と魚を分けるかどうかが今一番の悩みどころです。
  • 野菜
  • 副菜
  • 主食
  • 調味料
  • お菓子&ジュース等  これはもう孫費に入れてもいいのではと思っています。
  • お酒

孫費の位置づけ

孫の為に使ったお金をすべてまとめてもいいのかと思っています。

プレゼントだけではなく、ちょっと買ったお菓子やら文房具等々。

そうすると、孫個々に枠を作って家計簿にしてみようと、またまた欲が出てきています。

 

日用品の分別
日常に使用するものは日用品の枠に入れますが、その中でも、

  • 風呂系 
  • 掃除系
  • 洗濯系
  • 衛生系
  • 雑貨

等々に分けてみたくなりました。

お金の出先をきちんと把握したいのです。

ハードルを上げてしまいました。

 

ダイエットも節約も同じ

そうなのです。

気が付いてしまったのです。

計るだけダイエット・・・ありましたよね。

私もきっちり毎日体重は買っていますが、減りません。

計るだけでは減らないのです。

そこから太る原因を見つけて改善する努力が求められます。

 

家計の節約もそうです。

家計簿つけただけでは、節約なんてできないのです。

そこから改善すべきことを見つけ出さないと意味がないのです。

どちらも努力が必要です。

 

それが出来るかできないかで、今後の節約の有無が変わってくると、

今の我が家の家計では感じているのです。