家計簿の集計期間を考えて手書き家計を作ることにしました。

家計簿をつけることの意味、は収支を確認して、

赤字にならないような対策をとることです。

それにはまず、収入(一月に使えるお金)を把握しなくてはなりません。

これから年金生活になると、年金は2か月に一度の支給。

一月単位ではないんです。

 

そこで家計も2か月単位にしようかと考えたけれど、長すぎる期間では、お金の流れの把握も難しい。

という事で出した結論は、当たり前の事ですけれど、

  • 年金を2つに分ける。
  • 今のお給料は前月を繰り入れる。

12/15にもらった年金は1月2月分の生活費。

12/25にもらったお給料は1月1日からの生活費。

家計簿の始まりは1日にします。

様々な引き落としサイクルを考えると、1日が便利かなと。

 

この考え方はマネーフォワードでは無理なんです。

手書きでなければ・・・

手書きは面倒ですが、

手書きをすることのメリットは、やっぱり出費を見直すことができることでしょう。

マネーフォワードの自動記帳に慣れてしまうと、お金の流れはきっちりできるのですが。

何に使ったか、細かいところは何となく過ぎてしまいます。

 

 

私が仕事を辞めれば年金だけになるので、今から慣れるように、手書き家計簿の作成を考えています。

年々私のお給料は減り・・・

夫の年金が主な収入源になってきます。

 

今試作中の家計簿の土台は

月のカレンダー作成

日々の出費を書く欄。

ここまでが考えぬいた結果です。

 

ダイソーのA5ルーズリーフとバインダー使用。

これから書き込みながら、完成品を作っていきます。