宮崎駿の傑作『もののけ姫』のDVDをポイントで購入しました。

宮崎駿監督の傑作映画『もののけ姫』

スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品。

1997年(平成9年)7月12日公開。

20年以上も前の作品なんですね。

未だにすたれず、大人も子供も楽しめる映画です。

私個人としては、宮崎駿監督作品で一番好きな映画は『天空の城ラピュタ』何ですが、それはさておき。

もののけ姫って内容が難しいと思っていたんです。

子供にはましてや二郎君にはまだ理解できないだろうと、たかをくくっていたのですが・・・

孫がすっかり虜になる

先々週くらいですか、金曜ロードショーで再放映しました。

我が孫3人ともすっかりはまってしまった様子。

 

DVDを借りにTUTAYAまで行くと

初子

私、これ借りたい、面白かったから

はい、昔のアニメは今は100円(税抜)で借りられますからね、

いいよ~

ぼたもち

二つ返事でOKを出しました。

いざ1週間後返す時が来たら

初子

面白くてまだ見たいから、また借りてきて~
そんなにおもしろかったんだ!?

ぼたもち

そこに一郎君が加わって

一郎

ばあちゃん、買ってよ、面白いしずっと見ていたい
買うのか!?

ぼたもち

まさかの買う発想が飛び出すとは・・・

買う決心をする

確かに何回も借りる手間を考えたら、買った方が簡単ではあります。

でも借りると1週間100円。

ジブリの映画は高いんですよ。

税抜定価4,700円 を税込にすると5,076円。

Amazon等々の方が若干安く出ていました。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,084 (2020/09/29 10:49:47時点 Amazon調べ-詳細)

でも、3人が楽しめるなら、おもちゃよりもためになるとしばし考える。

そして意を決してTUTAYAに向かう。

待てない孫たちに対して、少し安いAmazonで購入という選択肢はありませんでした。

なんと、発売元はウォルトディズニーなんです。

ちょっと意外でしたが、TUTAYA内でなかなか見つからず、苦労しました。

ジブリゾーンではなく、ディズニーソーンに置いてあったんです。

支払方法は散々考えた挙句、

  • 1,056円をTポイント
  • 4,000円を電子マネーのモバイルWAON

このモバイルWAONは、WAONポイントをWAONに交換したものなので、

全てポイントで買えたようなもの。

まとめ

私のポイント集めは孫のためのもの。

ポイントも使っていけば、孫のプレゼントも買えます。

たかがポイントされどポイント。

今までは、ためるばかりで使うことをあまりしていませんでした。

減ってしまうのが、なんとなく惜しかったんですよね。

ですが、これからはどんどん使っていこうと思います。

ポイント呪縛、踊らされるばかりではなく、

一緒に踊りたいですもの。