実は母は物が捨てられない人だった

うすうすは感じてはいたんです。実家に物が多いことは。

でも片づけ上手な母はうまい具合に隠してしまっていたんですね。4泊5日の実家泊まりで気が付いてしまいました。

食器

食器戸棚が2つあり、きれいに積み重ねてしまってあります。でもね、今は2人家族です。こんなにたくさん食器は必要ないでしょう。

食器戸棚が2つあること自体が間違いの素なんですけれどね。

それでも母曰く

皆が来た時に必要でしょ

年に数回の事のために山ほどの食器をストックしているのです。

料理が得意な母、食べるときにも出す料理ごとにお皿を使い分けるので、あっという間に机の上がお皿だらけになってしまいます、上品な食べ方なのはわかりますが、私たちからすると、洗うのも大変だから、

1枚でいいよ

ぼたもち

と何度となく答えていた記憶もあります。

  1. お皿が多い
  2. 洗い物が多くなる
  3. 水道料金がかさむ
  4. 電気代もかかる(食洗機を使うため)
  5. 時間もとられる

負の連鎖です。

悪いことばかり書きましたが、好きな食器で料理を食べることは、食を目で楽しむゆとりがもて、それはそれで食事を美味しく楽しく食べるためには大切なことなのです

でも、これからは適度に節約&楽に過ごせることを考えてほしいと思うのです。

密閉容器

タッパーウエアです。食品をしまう容器。

これもまた、大量にあります。何十年も前に買ったのもから、捨てずに買い足しています。

1人で暮らしている父も、悪戦苦闘していました。

たくさんありすぎて、蓋と容器を別々にしまっているので、蓋と容器が合体しないんです。そして同じ種類で集めているわけでもないので、微妙に大きさが違ってきて、蓋の形状もまちまち。まるで蓋合わせゲームでもしているのかと思わんばかりの大変さ。

私たち姉妹も苦労しました。

何でもそのものにピッタリの大きさを母は欲するのです。これはベーコン、これは豆腐、これはチーズ。残り物もこのくらいの大きさならピッタリ入るわ、となんでもピッタリに入れたがる母。

タッパーなんて、蓋か容器どちらかが壊れても使い続けられます。母の場合どちらかが壊れたら、壊れたほうだけ捨てるから(壊れるまで捨てません)片方だけ残ってこれまた探す苦労に拍車をかけているんです。

いったん全部捨てて、新たに同じ種類をいくつか買えばいいのではと妹と話したいました。

鍋もよくまあこれだけきれいにしまえるわと思うくらい、きっちり重ねて収納してあります。

ところが、いざ使おうと思うと幾重にも重なっている鍋はさっと出すことができず、結局4個も5個も出してその中から1つを使うという手間をかけます。

  • フライパンは10個以上
  • お鍋も10個以上
  • 揚げ物鍋も5個以上
  • 無水鍋
  • 蒸し器
  • 土鍋
  • 圧力鍋

これでもかというほど鍋が山ほど、それも料理ごとに鍋を換えるものだからすぐ流しがいっぱいになってしまいます。同じ鍋を洗って使いまわす習慣がないんですね。不思議・・・

もうこれからは軽い鍋をいくつかだけでいいと思うんですけれど。

掃除道具

私はね、掃除は嫌いだから用具も最低限のものしかありません。

でも母は片づけ上手、掃除上手なので用具もさまざま納戸に詰め込んであります。

私がクイックルワイパーのシートを探し出せずにいたら、棚の奥の奥から出してきました。掃除用具はもうすべて出して探すかか母に聞くかしか手段がありません。

でもね、母がいくら掃除が得意だと言ってもこれだけの掃除道具は使いこなせるわけがないと思うんです。これは便利かなと徐々に買い足してゑき、パルシステムを取るようになってからは自分で足を運んで買う手間が省けて増えていったような気がします。

パルシステムのカタログには便利そうなものが山ほど載っていますから、見ているとついつい欲しくなる気持ちは分からなくないのでもないのですが・・・同じような役割をするものを買うのだったら、せめて前にあるものは捨てればいいのにと私などは思うのです。

そこなんです。

母は物が捨てられない人だったんです。

まだ使えるでしょ、もったいない

そう、そのもったいないと思う気持ちがものの増える一番の理由なんです。

もったいないと思う気持ちは大切ですが、だったら使えるうちは買わなければいいはずなのに、

これは便利だわ

そう思うとすぐ買ってしまうのも母でした。

洋服

母は洋裁が趣味です。

自分の洋服も作っています。ですので思い入れがあるのでしょう。着れなくなるまで捨てられない様子。

でも楽しいから着れなくなる前に、新しい洋服を作ってしまう。趣味なんだから、これは認めてあげなければと思ってはいましたが、入院中の母に持っていく洋服を探すことに一苦労したので、やっぱり少し考えねばと思い始めました。

まとめ。

今は4LDKの広すぎる家に二人で住んでいます。当然しまうところも山ほどあります。捨てなくても物は増やしていけます。そして収納上手な母がいる。結果、物のあふれる家になって離まいました。

このまま今と同じ状況で物を増やしていくことはよくないです。これからは少しづつ物を減らしていこうと妹と話し合いました。

頑固な母がどこまで妥協してくれるかですが、物が少ないほうが暮らしやすいのは歴然です。

実家の断捨離開始!!

とはいえ、働きながら、孫の面倒を見ながらなのでなかなか進まないとは思いますけれど。

母に任せると絶対捨てるとは言わないので、上手く話を持って行って、捨ててもいいものを選んでもらう方向で推し進めましょう。