3月イオンお得カレンダー更新

定年が70歳まで延長ですって。

聞きました!?

今朝ニュースで定年が70歳まで延長されるという法案が話し合われているという事。

ふと思ってしまいました。

私はいくつまで働けばいいのでしょう・・・・

辞める自由も欲しいですと思ったのは私だけでしょうか。

まだまだこれから色々話し合いがなされると思われるます。

私が見知ったことの抜粋はというと。

70歳までの定年引上げ案

文字通り70歳を定年と定める。70歳に達した月の末日をもって退職とする。

65歳定年案

希望者全員を 70 歳まで継続雇用する場合

従業員の定年は満 65 歳とし、65 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人
が希望する場合は、嘱託社員として 70 歳まで継続雇用する。

65 歳以降「対象者に係る基準」を労使協定で定めた場合

従業員の定年は満 65 歳とし、65 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人が
希望する場合は、労使協定の基準に従い、嘱託社員として 70 歳まで継続雇用する。

65 歳以降は、「会社が認めたとき」と定めた場合

従業員の定年は満 65 歳とし、65 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人
が希望し、会社が引続き雇用を認めたときは、嘱託社員として 70 歳まで継続雇用する。

60歳定年案

希望者全員を 70 歳まで継続雇用する場合

従業員の定年は満 60 歳とし、60 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人
が希望する場合は、嘱託社員として 65 歳まで継続雇用する。

前項の規定にかかわらず、65 歳以降、本人が希望する場合は、嘱託社員又は短時間パート
社員として 70 歳まで継続雇用する。

65 歳以降「対象者に係る基準」を労使協定等で定めた場合

従業員の定年は満 60 歳とし、60 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人
が希望する場合は、嘱託社員として 65 歳まで継続雇用する。

前項の規定にかかわらず、65 歳以降、本人が希望する場合は、労使協定の基準に従い、嘱
託社員又は短時間パート社員として 70 歳まで継続雇用する。

65 歳以降は、「会社が認めたとき」と定めた場合

従業員の定年は満 60 歳とし、60 歳に達した月の末日をもって退職とする。ただし、本人
が希望する場合は、嘱託社員として 65 歳まで継続雇用する。

前項の規定にかかわらず、65 歳以降、本人が希望し、会社が引続き雇用を認めたときは、嘱
託社員又は短時間パート社員として 70 歳まで継続雇用する。

まとめ

まだまだ聞きかじりで詳しいことはわかりません。

働き先が70歳まであるという事はありがたいことです。

再雇用の基本となることは3点。

  • 本人が望む
  • 労使協定基準に従う
  • 会社が認める

自分か労使か会社か誰が決定権を持っているかとういう事ですね。

長く務めるのでしたら同じ職場の方が、働く方も雇う方もやりやすいことはわかっています。

でも・・・やめる自由も欲しいです。

定年が70歳まで延長されたら、やめる理由を探さないといけないではないですか。

60歳定年退職で一度は華々しく!?辞めたいと私は思っているのです。

それからは再雇用で、会社と私の双方の様子伺いをしながら細々と仕事を続けていければと思っています。

再雇用が70歳まであることは賛成です。

働く選択肢が増えることはいいことです。

でも無条件に70歳定年は・・・私としてはずーっと先に(後10年後)にしてほしいと個人的には思いました。

これからの推移をじっくり見ることにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です