孫へのお年玉・世間の相場と我家の違いを比べてみました

お正月につきもののお年玉とは

下記 ウィキぺディア参照

お年玉(おとしだま、御年玉)は、新年を祝うために贈られる金品のこと。

単に年玉(としだま)ともいう。

現在では特に子供に金銭を与える習慣及びその金銭の意で用いられている。

歳暮と異なり、目上の者が目下の者に贈るのが特徴。

反対に、目下の者が目上の者に贈る場合はお年賀(御年賀)という。

 

そんなんですね。

新年を祝うために送るものなんですね。

お正月には渡すもの、あまり意味は考えていませんでした。

お祝いに渡すものと思えば、

今年1年元気に暮らしてね

ぼたもち

と思いもこめられます。

お年玉の世間一般の相場

さて、お年玉の相場ですが、各家庭によって環境も違いますし、

渡す人の立場も違いますので、

一概にこの金額とは言えないのは当たり前です。

 

私が子供のころは親同士が協定を組んで、

  • お年玉は叔父叔母からは渡さない
  • 親が自分の子供にその分多く渡す
  • 祖父母は別枠

合理的と言えば合理的ですが・・・

いとこがわんさかいましたからね、親の気持ちはよーくわかります。

もらう子供としては金額は結局一緒でも、なんとなく楽しみ半減だったような気がしました。

 

世間一般の相場を調べてみたら

年齢×500円

とどこかに出ていたのを見つけました。

  1. 500円
  2. 1,000円
  3. 1,500円
  4. 2,000円
  5. 2,500円
  6. 3,000円(ここで小学校入学)
  7. 3,500円
  8. 4,000円
  9. 4,500円
  10. 5,000円
  11. 5,500円(ここで中学校入学)
  12. 6,000円
  13. 6,500円

と続きますが、どう見ますか。

なんとなく感覚的にはな得です。

こう細かく分ける方はいないと思いますが

  • 未就学児        1,000円
  • 小学校低学年 2,000円
  • 小学校高学年 3,000円
  • 中学生       5,000円
  • 高校生以上   10,000円???

こんな感じになると思われます。

お年玉を何歳まで渡すのかという課題は残ります。

我家のお年玉

我家の場合は孫が3人+直系の祖父母ということで、少し高めに設定。

  • 未就学児    1,000円くらい お金でなくてもいいかと
  • 小学校低学年 3,000円
  • 小学校高学年 5,000円
  • 中学生     10,000円
  • 高校生~  未定・・・我家の家計と相談です。

こんな感じに昨年の正月に決めました。

  • 毎年悩む
  • そしていくら渡したか忘れる
  • また次の年がやってくる

負の連鎖を断ち切るため(大げさ)昨年はほぼ日手帳に記載していたんです。

頼りになるのはやっぱりほぼ日手帳

忘れるので書いておく⇒基本ですよね、頼りはほぼ日手帳。

昨年の1月1日、ほぼ日手帳の使い始めにお年玉の記載有。

昨年は初子ちゃんが3,000円

一郎君が2,000円

二郎君が1,000円だったんですね。

そして来年の予定がきっちり書いてありました。

エライ私(笑)

ぼたもち

悩んだのが、小学1年生から6年生までは、新学年の数字でもいいのかなとも思ったのですが、

一郎君に昨年すでに2,000円渡しているので却下です。

今年の金額発表

さて今年は例に習って

初子ちゃんには5,000円

一郎君には3,000円

二郎君には、入浴剤をあげました。

お金をあげてもあまり喜ぶ気配をまだまだ見せないので、悩んでいたのですが、

31日にイオンでこんなものを買いました。

1個定価税抜380円なんですが、

なんとイオンで5個1,000円で売っていたんです。

ほぼ半額~

前日までは3個で750円。

しばらく眺めて辞めてしまいましたが、1個200円かと思ったら飛びついてしまいました。

そしてなんと、1箱15個入りなので、思い切って大人買い。

1箱買ってしまいました。税抜3,000円 税込だと3,240円

一郎君のお年玉以上の金額になってしまったではないですか・・・

そんなことは深く考えない(笑)

ウルトラマンが大好きな二郎君ですからね、大喜びするのが目に浮かんで楽しみ。

なんて甘いおばあさんなんでしょう。

まとめ

昨日元旦にあげました。

騒動した通り、飛び上がって喜んでくれた二郎君。

うらやましそうに見ていたのが一郎君。

でも一郎君に、お金じゃなくてびっくらたまご買ってこようかと聞いたら、

そこは一年生

一郎

お金のほうがいい

しっかり納得していました。

少なくない出費ですが、年に一度、孫たちが喜んでくれれば、また1年頑張れます。