3月イオンお得カレンダー更新

孫と私の家計簿~年間固定費・特別費・イベント費は赤字予算で分けました

月変動費と固定費の合計が月平均にすると249,400円になりました。

それ以上は赤字になります。

ですが、今まで月50万で生活していたものをいきなり25万に減らすのは無理でした。

なので赤字覚悟で、出費を把握する家計簿にしてみます。

年間固定費

生活費と一緒の考え方で、必ず支払わなくてはいけないお金。

  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 車検代
  • 保険

保険は火災保険と、生命保険の年払いの金額です。

トータルで426,000円です。

特別費

月50,000円とりました。

ここに外食費も加えます。

  • 外食費
  • 衣服代
  • 家電

毎月かならず出るわけではない、特別に出る費用です。

月50,000円というのも、大きな家電を買ったらオーバーしてしまいますが、

最後は年間600,000円というくくりで考えます。

イベント費

毎年必ず出ていく、イベントにかかわる費用をまとめてみました。

誕生日

一人20,000円x8人ということで予算160,000円

我家5人と長女一家5人。

プレゼント代や食事代です。

母の日

予算20,000円

これは兄弟で、母の日に花と旅行券を毎年プレゼントしています。

旅行券は父と一緒に旅行しての意味合いもあるので、父の日も含めてですね。

クリスマス

予算40,000円

孫たちのプレゼントと食事代です

年越し

予算30,000円

年末年始にかかる費用をこの中に入れます。

年越しのパーティ代やおせちなどなど。

年始に実家に挨拶に行くプレゼント代もここですね。

お年玉

予算20,000円

今はこれより少ないですが、みんな大きくなったら

予算20,000円では足りなくなるかもしれませんね。

旅行

予算200,000円

この費用は今までのことを考えると、半分以上減らしてあります。

日帰り旅行に宿泊旅行代。

ここを200,000円に納めることが節約のカギですね。

まとめ

この枠がすべて赤字になります。

貯金取り崩し。

トータル1,496,000円

ですが今までは月に500,000円使っていました。

ということは年間600万円ですよ。

今回の予算では年間総合計が4,488,800円です

このままこの予算内で生活できたら、年間150万の節約ができるわけです。

赤字とはいえ、この節約額は大きいですよね。

まずできるところから初めて、徐々に節約額を増やしていきます。

毎年見直して、予算を組みなおして、最終的に年間300万の出費で抑えるのが目標です。

後はつける家計簿を今は模索中ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です