孫と私の家計簿~今年の目標100万節約のために出した結論

今年の目標を決めました。

1年間で昨年よりも100万円出費を抑える事

今年の目標は年間100万の節約と目指せ53㎏ダイエット

そのために私が試行錯誤して出した結論が下記予算です。

予算

 

エクセルで作りました。

左が月予算。

右が年間予算。

このトータルが393万円です。

この予算内に納めれば、100万の節約ができます。

年間予算の考え方

  • 光熱費
  • 医療費
  • ガソリン代
  • ちょっと高めな家庭用品
  • 衣服

毎月決まってかかるものではないので、月間ではなく年間で考えることにしました。

光熱費も季節によって多かったり少なかったりと、月単位で考えて一喜一憂していてもどうかと思うので、

1年通してのトータル金額で考えてみたいと思います。

ガソリン代も毎月決まってはいません。

私は通勤に使っていますのでほとんど定額ですが、主人の車に関しては、乗るのらないでずいぶん違います。

  • 税金
  • 保険
  • 車検代等自動車関連

これももちろん年間で考えます。

この年間で考える予算がトータル150万になります。

家庭用品の中には、食器や布団、2万以内の家電も含まれます。

2万以上の家電となると冷蔵庫や洗濯機・テレビ等々、これらは予算には入れられません。

しいて言うなら特別費・でも予定は立てられません。

壊れないことを祈るのみ。

物を大切に使うことも、長い目で見たら節約の一つですよね。

月予算の考え方

月の予算は

  • 生活費
  • 小遣い(娯楽費)
  • 固定費

この3つが柱になります。

生活費

生活費の内訳は食費と日用品の2つのみ。

生活必需品という事。

食費の中には、夫が買いに行ったものも含めます。

夫が勝手に買ってはきますが、食料品には変わりはないので。

パルシステムは別枠にして、食費では1回4,000円~5,000円で納めるようにします。

せっかく頼むのですから、計画的に使わないと。

1回にかかるパルシステムの手数料194円は、食費の中に含めることにしました。

後はおやつ代とお酒代。

月12万円 年間144万円

小遣い

夫の10,000円と私の30,000円。

かなり差がありますが、夫が好きで買ってくる食料品を食費に加えたので、

その分マイナスしました。

私の小遣いの中には、飲み会・美容院代・化粧品代など、私しか使わないものが含まれます。

当然AC機器や手帳関連も入りますよ。

月30,000円しかなければ、そうそう衝動買いもできないでしょう。

節約の最大の敵は私のAC機器おたくだと思った瞬間

30,000円を積み立てて買うしか方法がなくなるんです。

月40,000円、年間にしたら48万

固定費

固定費は毎月決まって出ていくもの

  • 通信関連
  • 保険
  • 新聞
  • インターネット関連
  • 電話代

これはほぼ固定です。

若干変動があるのは電話代だけでその誤差も1,000円はないと思われます。

ここで50,000円ちょっと。

年間にすると60万

孫に関するお金

この家計簿の中に孫に使うべきお金はほとんど入っていません。

唯一食費に含まれるおやつ代10,000円が孫費になります。

年間にしたら12万円。

後は予算外です。

孫の為の予算は、年間400万では組み入れられませんでした。

孫にお金が出せない!?

ぼたもち

歳とともに付き合い方も変わるし、孫にかけるお金も減ってくるはずです。

今はじっと我慢の時期

予算を組んでしまって、赤字にイライラしていても良くありません。

予算外で支出することになりますね。

という事で孫費は予算に組み入れませんでした。

家計簿はマネーフォワードのみ

つける家計簿も散々悩みました。

紙ベースでつけたいとずっと考えていたんですが、

結局手間がかかるのと、自分の項目に合わせると、市販のものも使えないことがわかったんです。

そうなると後はマネーフォワードに頼るしかありません。

今年は、マネーフォワードを上手く使って、

予算通りの項目でしっかりレシートを振り分けます。

クレジット払い・電子マネー払いが自動転記されるので、細かい分配ができないと思っていたのですが、

上手く分配できる方法があったので、今年は迷わずマネーフォワードのみで1年乗り切りたいと思っています。

まとめ

孫と私の家計簿ですが、孫の為の予算がありません

年間400万で生活しようと考えたら、孫の為の費用は捻出できませんでした。

とはいえ、食費・衣服費等々かなり甘い予算になっています。

無理せず、でもそこで節約出来ればおのずと孫に回せるお金も出てくるんです。

今年1年、生活の質を徐々に落としつつ、

孫との暮らしを大事にしたいと思っています。