9/21〜9/28までイオンでときめきポイント10倍

女を捨てた猛暑の夏~自分が思うほど他人には見られてはいません

今年の夏は暑すぎました

そして今まで頑として譲らなかった髪を束ねること、

とうとう他人様の前でしてしまいました。

猛暑の夏に私が捨てたもの

私なりのこだわりで、髪は束ねない、おろしておくのが女らしい、という概念がありました。

髪もロングのままで、美容院代にお金を費やしていましたが

50歳を過ぎてロングヘアーはどうなの!?私はやっと切りました。

やっとロングからミドルに切りました。

それでも肩より下まで髪はあります。

長さの基準は、

家の中だと邪魔だから、束ねられる長さ。

そして、束ねるのは家の中だけ

そう決めて、外に出るときは必ずおろしていたのに・・・

今年の夏は暑すぎて、とうとう禁断の束ねて外に出るという行為に及んでしまったんです。

髪を束ねる

髪を束ねるということは、自分の中で女としての装いを手放すことに等しい、

と私の中だけで思いがあったんです。

こんな感じです。

ところが暑さに負けて、いざ束ねて会社に行くと・・・

だれも何も気が付きもしません。

男の人ばかりの職場。

当たり前ですよね~55歳のおばさんの髪型なんて誰も気にしませんから。

何で今まで気が付かなかった!?認めなかった!?

スポンサーリンク

いけないのはわかっているけれど、

夜の洗髪後は自然乾燥が習慣になっています。

朝になると、色々な向きに髪の毛がはねてしまってたので、

今までは、濡らしてドライヤーで乾かし、くるくるドライヤーで伸ばし、

形を整えること20分は要していました。

ドライヤーをかける洗面所にはもちろん冷房なんてありません。

今年の猛暑の中、熱帯夜の後の朝に、さらに熱を加えるという、

まさに暑さ地獄を自分で作っていたんです。

 

ところがなんということでしょう。

髪を束ねることで、ドライヤーは必要なくなったんです。

朝ブラッシングのみで、束ねてしまえばいいことに気が付きました。

かかる時間は5分

時は金成と言いますが、朝の忙しい時間に15分も時短ができてしまったんですね。

何で今までこんな楽なことをしなかったんだろう・・・

外見なんて気にしなければ、楽に人生過ごせるじゃないか

遠近両用メガネ

髪と一緒にメガネもね、他人様の前でするのは抵抗があったんです。

外ではコンタクトをしていました。

老眼が気になり始めたら、遠近両用コンタクトも使いました。

ですが歳には勝てず、仕事にも支障が出始めたので、

(私の仕事はパソコンを駆使する事務仕事です)

メガネを人前でもかけ始めてから、そろそろ1年以上になります。

コンタクトを辞めて遠近両用メガネにした時期

仕事にメガネをかけていくときは、

すごく勇気がいったのを今でも覚えています。

でもこれもかけてしまえば、快適さは抜群なんですよね、

他人は私を見ていない

そうなんです。

自分が思うほど他人は私を見ていないんです。

ということは、自分で好きなような恰好して構わないんです。

メガネをかけても、髪を束ねることも、全然大丈夫なんです。

自分の中でだけ、拒否反応があっただけ。

そして、一度楽を覚えてしまえば、あとは流されるまま~~~

楽なほうに流れていくのが人の常ですね。

孫のためには若いおばあさんでいたい

でも、孫たちにはいいところを見せたいのも女心ならぬ

おばあさん心

孫の友達には若く見られたいんですよ。

他の誰でもなく孫が一番。

それ以外は歳相応でも歳以上に見られても、気にはならないんですけれど、

孫の友達との会話の中に

 

初子ちゃんのおばあちゃんって若いね

なんて言われようものなら、喜び100倍です。

孫の送り迎え等々、孫の友達やらそのママたちと顔を合わせる機会は多々あります。

学校の授業参観にも娘が忙しけば私が行きます。

なので、そのためには、まだまだ身だしなみには気を遣わなくてはいけませんね。

楽な装いの中にも若さを保てるよう、努力を続けましょう。

  • 自分に似合うメガネを探す
  • 髪の束ね方を変えてみる

そんなことを心がけたいですね。

本当は本当はもっともっとやせて、かっこいいおばあさんにもなりたいんですけれど、

それは孫のためでも中々できるものではありません。

ダイエットは生涯の友で敵ですからね~~~

一生涯付き合っていきましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です