2月イオンお得カレンダー更新

夫も家事をしていたんだなと実感した理由とは

我が家の夫は4年以上前に定年退職をしました。

そのあと再就職をすることもなく、畑仕事にいそしんでいる毎日です。

畑仕事とはいえ、家庭菜園と呼ぶには広すぎる親からの授かりもの。

トラクターも家には4あります。

夫の在職中をは、休みのたびに畑の手入れをしていたので、考えたら休む暇なく働いていたということに。

そう考えると、再就職は無理だったのかなと思わなくもないのです。

今は私がフルタイムの正社員で家計を支えております。

遊びすぎたことがたたり、働かないと生活できない状況

夫は悠々自適で、私ばかりが働いているんだと思っていたのですが、

ここで、夫の坐骨神経痛&ぎっくり腰が再発しまして、ほとんど外出ができない状況に。

そうなって初めて夫も家事をしていたんだとわかりました。

ごみ捨て

夫が行くのが当たり前と思っていましたが、動けないと私が行くことになります。

ほとんど毎日何かしらのごみ出しの日々。

仕事に行く前の貴重な時間を割いてのごみ出しは、意外と大変でした。

やってみてわかることですね。

灯油を買う

我が家の暖房はほとんど石油ファンヒーターに頼っています。

普段は夫が灯油の無くなる前に買い足してくれていたのですが、気が付くと無くなっているではありませんか。

当たり前ですが、重い灯油の買い出しもしなくてはいけません。

食料品の買い出し

夫は毎日のようにチラシを見ながら、半分趣味だったんでしょうね、近所のスーパー何件かに買い出しに行っていました。

でもそれが無くなると、冷蔵庫に食材がなくまってしまい(当たり前ですが)料理もできなくなりました。

仕事帰りに買い物に行きたくなくて、生協を始めたのですが、やはり足りないものは出てくるものです。

それを補ってくれていたのが夫だったのです。

必然的に仕事帰りの買い出しもしなくてはいけません。

家が寒い

夫は今は起き上がれないので、布団から動きません。

居間の暖房も使いません。

ということで、私が仕事から帰ると家が冷え切っているのです。

今までは夫がいてくれたので、家の中は暖かかったのですけれど。

孫の送迎

娘が忙しい&私も仕事が終わらない となると夫の出番でした。

その担い手がいなくなってしまうと、娘か私が何が何でも行かなければなりません。

お互い連絡を密に取りながら、保育園のお迎えをしている状況です。

まとめ

気が付かないだけで本当は、ずいぶん頼っていたんだと改めて思いました。

自分ばかりがと、今まではひねくれた気持ちもありましたが、そんなことはなかったんです。

夫もしっかり家事を担っていたんです。

これからも仲良く(とはいえ会話もほとんどありませんけれどね)

話すことと言ったら孫のことばかり。

ですがまだまだ、何十年と一緒に暮らしていくのですから、相手を認めることも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です