大量のキティを断捨離をしたくて記事を書いています

思い出の詰まったものを断捨離することは難しいんです。

私の集めたご当地キティのストラップ

ご当地キティを集めています。

この記事でも書いていますが、

我が家には大量のご当地キティストラップがあります。

一体どのくらいあるのか!?

数えたこともないのでまるっきり想像がつきません。

1週目の断捨離で捨てることができず、

2週目に入ってもまだ捨てることができませんでした。

必要でもないのになぜでしょう

断捨離できない理由

思い出がたくさん詰まっているんです。

貰ったものも多数ありますが、

自分で買ったものも多くあります。

行った先々、旅行の思い出です。

これが曲者で、捨てきれずにいるんです。

ブログで記録する

  • ブログに書けば記録として残る
  • 気が付いたことはいつでも書き足せる
  • 画像もしっかり残る
  • 検索もしやすい

紙に残しても探すのがこれまた大変なんですよね。

ブログは後からソートも出来るので、

手に取ったものから書いていくことができます。

スポンサーリンク

記録を取った後

断捨離決行ですね。

何時になることやら。

希望は

退職までには断捨離したい

ぼたもち

老後の趣味には

老後の趣味としてとってあるハンドメイド

こちらを残してありますからね。

キティはそれまでに卒業しないといけません。

断捨離手段

さてこのキティを処分する手段としては

  1. 市のごみとして捨てる
  2. 孫の通っている保育園に寄付する
  3. 孫の友達に譲る・・・数が多すぎて個人には無理でしょうが。
  4. 学校のバザーに出す(譲る)

ここまでが無償で処分。

  1. バザーに売りに出す。
  2. メルカリやyahooオークションに出品する
  3. 買取ショップに売る

上記3点は有償処分です。

まとめ

同じ処分なら少しでも利益があった方がいいですよね。

需要と供給の関係があります。

捨てるが売れるに変わった

アーティストのグッズは需要があるので売れましたが、

ご当地キティは需要があるのでしょうか。

それはこれから考えます。

需要と供給の見極めが大事ですから。

さて、何個のキティが見つかるでしょう。

キティ

こちらのページを覗いてみてください。

一覧で表示しています。