周りが見えなくなってしまう自分がいた

当ページのリンクには広告が含まれています。

いつも行く地元のスーパーで買い物をしていた時のこと

ポイントカードの切り替えをしています。今あるカードは〇〇から使えなくなります。

もち子

えっ!?

寝耳に水とはこのこと。

今まで知りませんでした。

私はアプリ、夫はカードで二人で同じポイントをためているよく利用するスーパー。

500ポイントたまると500円券が自動で発行されます。

私より夫のほうが何倍も利用しているのですが、なぜか500円券が発券されると私に渡してきます。

カード関係には疎い夫には切り替え等々できるはずもなく

もち子

今日やっておかねば!!
次はいつ来るかわからない。

と使命感に燃えるもち子。

切り替え場所に行くと何人かの方が椅子に座って説明を受けながら用紙を記入していました。

私はお店の人を見つけ、詳しいことを聞き出します。

用紙を持って帰ってネットでもできると書いてあるけれど、

また記入した用紙を持ってきてもらわないといけません

ネットでできるって!?よく確かめる時間もなく、空いている場所で記入をして、わからなけれが店員さんを呼び止め、

何とか完成させてお店の人に預けて終了!と思ったとき

なんだか並んでいる人がいるではありませんか。

私が来たときは並んでなかったはず、きっと並んでなかった・・・と思う

もしかして見えずに横入りしたのか!?

後から不安になるものの、確かめるすべもなく・・・

そういえば店員さんの態度がなんとなく冷たかった!?

順番守ってよと無言の圧だった!?

気になってしまう・・・

自分のことしか見えず、わざとではないにしても、横入りなんて・・・

したかどうかは定かではありません。

私もその時は全然気にしていなかったので、

でも周りが見えないって怖いことですね。

おばさんってこれだから困る・・・なんていわれないように

これからは気を付けましょう。

目次