初めてコロナにかかってしまったら薬が高かったお話

当ページのリンクには広告が含まれています。

先日とうとう初めてコロナウィルスに感染してしまいました。

感染経路は不明です。

孫たちも娘たちも夫も元気でした。

孫たちの学校では、今はやっているのはインフルエンザでコロナはあまり聞かないと・・・

本当にどこでもらって来たのやら。

  • 初め喉が痛くて声が出なくなり
  • 微熱37.1℃くらい出て
  • 一晩寝たら38℃超えてきた

そこで疑ったのは悪くてもインフルエンザですよ。

10月末に予防接種受けていたから、熱があまり高くないのだろうくらいに思っていました。

夫に抗原検査キットを買って来てもらい、

今はコロナウィルスとインフルエンザ両方一緒に検査できるんです。

そして結果はなんと

思いもしなかったコロナの方に反応線が・・・

うっすらですけれど・・・まだこの段階では信じたくはなかったですけれどね(往生際が悪い)

そして次の日、発熱外来の予約をとって病院に行き、もれなくコロナだと診断されました。

今はコロナの治療薬もあるんです。

でも

でも

でも

歳だし・・・高血圧だし・・・飲まない選択肢はなかったのですが、

なんと

9,000円

解熱剤・咳止め等々の薬も合わせたら

10,000円近く払いました。

調べてみたら

『ラゲブリオ・パキロビッド・ゾコーバの薬剤料は、令和6年3月31日まで、コロナ治療薬公費の対象です。

令和5年5月8日~令和5年9月30日は、保険適用後に残る自己負担額の全額を補助します。

令和5年10月1日~令和6年3月31日は、自己負担割合が1割の方は3000円、2割の方は6000円、3割の方は9000円が自己負担額となるように、保険適用後に残る自己負担額を補助します。』

9月までは無料だったんですって。

10月からは有料ですが、それでもまだ補助対象。

では来年4月からはいくらになるかというと

94,300円の3割だから28,290円になる計算。

ある意味、別な意味で怖くなるコロナ

かからないように注意はしますが、今回感染経路が分からずじまいで対処がわかりません。

マスクもまだしていたんですよ、私・・・

コロナ貯金でも始めましょうか。

でも症状はというと薬も効いたのか、意外と早く熱も下がり、喉の痛みも残らず

今の所後遺症も出ていません。

家族にも(孫たちにも)うつってなく良かった。

診断してくださったお医者様には感謝ですね。

そして高くても薬があるという安心感は大切です。

目次