リクルートポイントはdカード プリペイドチャージで街中でも使えることが判明

昨日はリクルートポイントが使いにくいと

ANA JCBワイドゴールドカードを作るメリットはありますか

こんなことを考えていましたが、

ひたすら検索した結果、リクルートポイントの画期的な使い道が判明しました。

dカード プリペイド

dカード プリペイドとは、

利用者があらかじめカードに現金をチャージし、

その範囲内でクレジットカードと同じように、

VisaやMastercardなどの加盟店で利用できるカードです。

チャージ方法は、

  • ローソンで現金チャージ
  • マイページでチャージ
  • 銀行ATMでチャージ

この3種類です。

この中でマイページでのチャージの中には

  • 電話料金合算払い・・・月々のドコモの携帯電話料金と合わせて支払い
  • dポイント・・・たまったdポイントを、1ポイント=1円としてチャージ
  • dカード・・・dカードのご利用代金と合わせて支払い
  • クレジットカード・・・クレジットカード(Visa/Mastercard)でお支払い
  • インターネットバンキング・・・利用の銀行口座残高から支払い

この4種類

クレジットカードのチャージには手数料がかかります。

dカードを利用していると無料ですが、ポイント対象外。

制約があってポイントの2重取りは極力できないような上手い仕組み。

その中にdポイントチャージというものが存在しました。

dポイントチャージを利用する

dポイントチャージは1月に10,000ポイント=10,000円に上限が決められています。

地道にチャージしていけばいいのですが。

リクルートポイント→ポンタポイント→dポイントに交換

1対1対1で減っていくことはありません。

リクルートポイントの使い道が決まりました。

まとめ

ANAマイルを貯めることはやめました。

今のままでリクルートポイントを貯めて、dカード プリペイドにチャージして、

街中で使うことにします。

孫のおもちゃも買えますしね。

やっぱり1.2%の還元率は手放せません。

これからは、リクルートカードメインで、

支払方法を絞ることに専念しましょう。

これは今までと変わりませんね。

色々検索、調べることは大事です。

まさかの15,120円年会費のクレジットカードに手を出すところでした。