ユーキャンのパッチワーク入門講座~課題3・バスケットのカードケースその②

ユーキャンのパッチワーク入門講座を受講しています。

課題1が添削から戻ってきて、添削なしの課題2が終わり、

添削ありの課題3を始めました。

工程は

  1. 型紙を切る
  2. 布に型を写す
  3. 布を切る
  4. 図案を写す
  5. アップリケをする

書くのは簡単ですが、実際手を動かすのは大変です。

布を断つのですが、縫い代が0.3mmだったり0.5mmだったりします。

 

図案を写すのは、明るい窓に貼り付けるか、ライトテーブル(トレース代)を使うかですって。

LED トレース台 A4サイズ ライトテーブル 薄型5mm LED 3段階調光 USBコード付き 図面 調光
by カエレバ

窓に貼り付けるのはちょっと・・・と思い

トレース台を購入しました。

ピンからキリまで、

安いと1,000円台からあるんですね。

もっともっとうまくなったらいいものを買うんだ

ぼたもち

と思い、2,000円程度のものを購入しました。

手ぶらで受講というわけにはいかないようです。

この生地に鉛筆で書き写すんです。

そして、裁った布でアップリケをすると

こんな感じに出来上がり。

苦労が実る瞬間です。

フェリシモのキットでは、縫い代に仮縫いをして~でしたが、

ここでは、仮縫いはしませんでした。

待ち針で止めて、針で縫い込んでいくか、折りたたんでいくか、

その方が早くできて楽なような気がしました。