10/1〜10/31 イオンでWAON・ときめきポイント5倍キャンペーン実施中 (衣料品・暮らしの品・日用消耗品)

ポーの一族が原案でストレンジャーというドラマがありました

2016年3月に香取 慎吾の主演で『ストレンジャー』というドラマが放送されました。

原案『ポーの一族』

原案 ですからね。原案 ですからね。

副題が バケモノが犯人を暴く

バケモノなんかじゃありませ~~~ん

ぼたもち

と強く思いました。

思った方も多々いたようですよ。

ポーの一族、私世代にはある意味カリスマ、バイブル的存在であるんですよね(~_~;)

ストーリーは連続殺人鬼が若い娘を襲う。

その娘の中に三杉(香取)が15年待って仲間に加えたかった香織がいた。

で、三杉と真理亜が犯人を見つける。

と大雑把なところでは話。

簡単すき(~_~;)でも人間には興味がないから(笑)

ぼたもち

犯人はマザコン・・・これもほおっておきましょう。

香取信吾ふんする三杉晃

中条あやみふんする真理亜

段田安則演じる古書店の店主・前島康夫(段田安則)

この3人がバンパネラ。

どちらがエドガーでどちらがアラン!?って原案だけなのでそれはありません。

微妙に言い回しは代えているものの、いたるところにポーの一族の言葉や動きがちりばめられていて、

戸惑うばかりです。

でも録画して、何度も見返して、

ポーの一族探ししている自分がいる、

意外と楽しい・・・

そして漫画を開く。

前島の鏡に映ってない!って怒るのはポーツネル男爵だし、(本はガラスだけど)

殺された香織って子はリデルとロビンカーが混ざった子。

三杉が20歳になったら迎えに行くと約束した子。

ぼくは天使。

天使を信じていないことを恐れていた。

これはロビンカー。

ホントにためな時はちゃんと言って、俺は大丈夫なんだからと晃が真理亜に言うセリフは

がまんせずにそういいなさい。ぼくはいいんだから

エドガーがメリーベルにいった言葉。

どこへ・・・遠く

おいでよ、ひとりではさみしすぎると真理亜が晃をバンパネラにした時のセリフ

エドガーがアランをバンパネラに誘ったときに言った言葉。

きみはどうする?・・・くるかい?

きみもおいでよ 一人ではさみしすぎる

ポーの一族のバンパネラって指輪とか魔法とかなくても

昼間歩けるんですよ。

テレビドラマにはもってこいのシチュエーションですよね。

高校教師もできる。

この脚本家、ポーの一族世代なんでしょうか、気になります。

そしてポーの一族をまるっきり知らない方はどう思ったんでしょうぇ。

SPACE BATTLESHIP ヤマト(宇宙戦艦ヤマト・英語でつづるとイメージが・・・)を 木村拓哉が主演した時も

宇宙戦艦知らない人にこの映画の評価はどうなの!?っととっても気になりました。

歳を取ると昔のことが懐かしくなりばかりで、新しいことを拒否する気持ちが多々。

だめですね。

ちなみに 真理亜は古いバンパネラで、三杉は100年の新参者という設定でした。

真理亜は何歳でバンパネラになって、何年生きてるんだ!!

ぼたもち

て疑問が最後に残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です