ビューカードを解約できずに使うことに決めた理由とは、モバイルSuicaチャージ用

クレジットの断捨離を考える中で、

一番の候補に挙がっていた『ビューカード』ですが、

今回、断捨離候補から外し、一転使う方向に決めました。

陸マイラーだった過去があります。

この記事でクレジットカードの保有数を書いています。

ビューカードとは

JR東日本グループのSuica一体型クレジットカードです。

ポイント

ビューサンクスポイントからJR東日本グループ共通ポイント「JRE POINT」に、今年の6月28日から変わりました。

とはいえ還元率は変わりません。

下記の場合は通常よりポイントが3倍。

1,000円利用で15ポイント加算されます。

還元率は俗にいう1.5%

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券(JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機で購入された場合に限ります。)
  • JR東日本国内ツアー 一部対象外商品あり
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

それ以外のクレジットカード利用では1,000円で5ポイントなので、還元率は0.5%になります。

年会費

残念ですが、500円かかります。

これが断捨離候補、一番だった理由です。

ポイントの使い道

1ポイント1円単位でSuicaにチャージできる。

ということは現金と同様に考えてもいいんです。

モバイルSuicaチャージ専用

リクルートカードの電子マネーチャージに対するポイント付加が、

30,000円までと改定がありました。

  • JCBブランドでnanacoチャージに30,000円。
  • マスターブランドでEdyチャージに30,000円。

となると、モバイルSuicaチャージの枠がなくなってしまいます。

  • nanacoはほぼ税金支払い専用
  • Edyは街中での利用 クレジットカードで払うよりポイントがたまる

もともとモバイルSuicaをリクルートカードでチャージすると、

モバイルSuica年会費が1,030円かかっていたんです。

それをビューカードでのチャージに変えると 年会費無料な上、還元率1.5%になるんです。

どうして今までほおっておいたのでしょう。

私の怠慢の致すところでございます。

航空マイルを貯めることに一生懸命だったころは、だったことは、年会費<マイルの考え方だったので、

考え直す余地は一切なかったんですが、今は節約の為のポイントです。

使えるポイントだったら、なんでも貯める

JRE POINTは1ポイント1円単位でSuicaにチャージできるので、使い道はあります。

まとめ

年会費500円のクレジットカードですが、

モバイルsuicaの年会費1,030円を考えたら、持っていた方がお得に思えます。

Web明細ポイントサービスの利用で、

ご利用代金明細書発行のたびに(利用があった月のみ)JRE POINTが50ポイント貯まります。

毎月利用すれば600ポイントたまるわけで、

単純に考えたら、年会費分以上のポイントが貯まる計算になります。

ですが、私の利用方法はモバイルsuicaのチャージのみに限定され、

なおかつ、電車やバスの利用も月に一度あるかないかの状態なので、

年会費分をポイントで貯められるかと言ったら、無理でしょう。

ですが、モバイルsuicaの年会費が無料になったことで、

ビューカードの年会費分は元が取れていると思うことにしました。

 

今の時代、電車やバスにキャッシュレスで乗れる便利な交通ICカードは、

何か1枚、持っていたほうがいいとは思っています

ですが、それがモバイルsuicaでなければいけない理由があるのかとの問いには、

電子マネーの使い方を含めて、これからじっくり考えなければいけない課題です。