スーパーナチュラル・シーズン1の3~水辺の恐怖

目次

登場人物

  • サム
  • ディーン
  • ビル・カールトン(父)
  • ウィル・カールトン(兄)
  • ソフィー・カールトン(妹)
  • 保安官(アンドレアの父)
  • アンドレア・バー
  • クリストファー・バー(夫)
  • ルーカス・バー(息子)

幽霊

  • ピーター・スィニー

あらすじ

悪霊退治

ディーンとサムはカフェにいた。

父親探しの手掛かりが見つからず、悪霊退治をすることにした二人。

向かったのは

 ウィスコンシン州レイク・マニドック

湖のほとりに住むカールトン一家の泳ぎの得意な妹、ソフィーが湖でおぼれてしまう。

ディーンとサムは、自然保護局の調査官を装って、町に乗り込む。

保安官事務所で、保安官の娘、アンドレア・バーに出会う。

アンドレアの夫、クリストファー・バーも湖で溺れ死んでいた。

その場に一緒にいた息子、ルーカスは何かを見たのか、心因性のストレスで口を閉ざしている。

ルーカスと親しくしようとするディーン。

町では、35年間に6人が水の事故で亡くなっていた。

ソフィーの兄、ウィル・カールトンは、台所の流しでおぼれてしまう。

そのショックで父、ビル・カールトンが、ボートで湖に行き転覆してしまうのを、ディーンとサムは目撃した。

ルーカスはディーンに絵を書いて危機を知らせていた。

ルーカスの書く赤い自転車と青い帽子の男の子の絵から、35年前、ピーター・スィニーという少年が行方不明になった事件にたどり着く。

ピーターの家には、少年のビル・カールトンと一緒に写っている写真があった。

ピーターの霊が、子供を亡くした母と同じ苦しみを与えようと、ビル一家に復讐していたのだ。

だが、保安官に調査官ではないことがばれ、町を追い出されてしまう。

おびえているルーカスが心配なディーンは、夜、アンドレアの家に向かう。

アンドレアが、バスタブでおぼれかけていたのを助けた。

保安官がピーターと一緒に写っている写真をみつけたディーン。

ルーカスが庭に埋めてある自転車の場所を見つける。

子供のビルと保安官が、いじめの延長でピーターを殺してしまっていた。

遺体は湖の底。

その時、ルーカスがピーターの霊に誘われ、湖に落ちてしまった。

湖に飛び込むディーンとサム。

ルーカスは見つからない。

保安官は自分が犠牲になるからと、ピーターに話しかけながら、湖に入って水の奥へと連れていかれてしまった。

そしてディーンがルーカスを水の中から助け出す。

保安官を助けられなかったことが悔しいディーンだが、ルーカスを助けれくれただけでいいとアンドレアが感謝する。

感想

ディーンがルーカスに寄り添い、助ける姿。

とてもいい男に見えました。

実際いい男なんですけれどね。

普段はそれほどまじめな感じではないのですが、今回は特別でした。

この回も、父のジョンは出てきません。

こちらのテーマを使用しています

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる