12月イオンお得カレンダー更新

キッチンの種類

キッチン

キッチンのリフォームということで、キッチンをどうしようかと考えます。

キッチンと一口で言いますが、本当に色々種類があることがわかってきました。

考えるのが面倒になるくらいたくさんあります。

メーカーもさまざま。

リクシル、TOTO、タカラ、クリナップ等々。

システムキッチン

一言でいうと、一枚の板でつながっているというイメージ。

コンロもビルトインという組み込まれたものになります。

ブロックキッチン

名前の通り、シンク、ガス台、調理台をブロックの様に並べて作るイメージ。

コンロは後から設置する据置タイプです。

メリット&デメリット

システムキッチン

メリット

お手入れが楽。

見た目がきれい。

デメリット

値段が高い。

メンテナンスにお金がかかる。

ブロックキッチン

メリット

安い

メンテナンスも単体で行える

デメリット

システムキッチンよりは見た目が今一つ。

隙間ができるので、埋める作業が必要。

キッチンの形状

I型

横一列。

場所を取らず最もオーソドックスなスタイル

L型

L字になっています。

作業スペースが広くとれて、作業効率を考えたスタイル。

対面式

壁ではなく、内側に対面になっています。

形は様々。

壁付けI型

壁付けL型

アイランドキッチン

壁のとこにも接点がなく、1周回れるキッチンです。

娘の自宅がそうです。

孫たちが鬼ごっこして遊べます。

そのために作ったのではないのですけどね。

対面式は会話をしながら料理が出来るので、子供が小さいうちはいいですよね。

収納

調理台下の収納にはスライドタイプと扉タイプがあります。

スライドタイプは、上から物が探せます。

扉だといちいちかがまないといけないので、年を取ってからの動作が大変になりますね。

最初に決める事

形状はI型です。

これは現状を変えません。

あまりにも選択肢がありすぎるので、まずメーカーを絞らないと、決めようがありません。

 

そのあとに考えるのが、

システムにするかブロックにするか

ビルトインコンロは壊れても、部品を取り寄せての修理か取り替えるにもお金がかかります。

ブロックキッチンはコンロ単体なので、取替も簡単ですし安いです。

決め手はここになるでしょう。

 

そのあとは収納がスライドタイプか、扉タイプかになります。

やはりスライドタイプの方が高いですね。

 

後は食洗機を付けるかどうか。

じいじ

いらない

私もそれほど必要性は感じでなかったのですが、

長女

とっても楽よ
と言っていたので、ちょっと考えています。

とりあえず、この辺を決めてから、細かいところの選択ですね。

 

なんでもお値段次第というのは当たり前の事ですが・・・

システムキッチン、憧れます(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です