イオンカード(クレジットカード)ときめきボイントの還元率を考えてみた

イオンのクレジットカード

イオンには、年会費無料の自社のクレジットカードがあります。

種類は大きく分けて2種類。

イオンJMBカード・イオンSuicaカードや他提携カードをすべて合わせると、イオンマークのついているクレジットカードは全部で55種類あります。

ほとんどのカードが年会費無料なので、用途によっては選択肢がたくさんありますが、今回はイオンカード2つに絞って考えます。

イオンカードWAON一体型

WAONカード搭載の通常のクレジットカード

イオンカードセレクト

イオン銀行のキャッシュカードにクレジット機能がついたカード

もちろんWAONカードも搭載されています。

こちらの優れている点は、WAONオートチャージでもWAONポイントがたまることです。

通常は貯まりません。

どちらのカードがおすすめかと言われたら、銀行口座開設の手間を惜しまないのであれば、絶対イオンカードセレクトです。

私が保持しているカードもイオンセレクトカードです。

共通点

  • 年会費無料
  • ETCカード 発行・年会費無料
  • 家族カード3枚まで発行可能、さらにすべて年会費無料

などなど色々お得度満載です。

イオンカードのメリット・デメリットはまたじっくり次回に。

どちらのカードもデザインが選べるんですが、

今ミニオンズデザインを選ぶと、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内でときどきポイント10倍なんです。

私が作った頃はディズニーデザインが出たてでかわいかったのですが、

ディズニーリゾート内でのプラスポイントはありませんでした。

今現在もですが。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにいかれる方は絶対ミニオンズデザインがおすすめです。

我が家は行きたくてもなかなか遠くて行けませんから、選択肢外になりますけど。

たまるポイントはときめきポイント

イオンカードを利用してたまるポイントはときめきポイントです。

通常200円に1ポイント。

イオン系列で使っても200円2ボイント。

還元率としてはよい方ではありません。

JALカードを利用した方が100円2マイルたまるので、断然いいのです。

ですが、私が最近悩みだしたのはこんな看板をよく見るようになったから。

ときめきポイント10倍day

最近イオンでよく見るキャンペーン。

年末だったからなんでしょうか。

ときめきポイント基本の10倍

200円で10ボイント

100円で5ポイントたまる計算

これはJALカードよりも還元率は2,5倍。

絶対こちらの方がポイントがたくさん貰えます。

今年の目標のひとつには、ポイントをたくさんためることがあるんです。

ときめきポイントの使い道

ポイントはためても使い道が決まらないと、ためても意味がなくなるんです。

そこでときめきポイントに、使い道があるか調べてみました。

ときめきポイントの使い道はというと、他のクレジットカードのポイント同様、品物だったり、商品券だったり、ポイント移行だったり様々あります。

この中で私が選ぶ交換方法とは、やっぱりポイント以降でしょう。

今のところ、私がためていて、現金同様に使えるポイントは

  • 楽天ポイント→楽天Edyにチャージ
  • Tポイント→TSUTAYAで使用
  • dポイント→dカードプリペイドにチャージ

ときめきポイントの交換先は、下記ホームページで詳しく載っています。

参考 イオンカードポイント移行先暮らしのマネーサイト

その中で私が考える交換先は、

  • JALマイル
  • dポイント
  • WAONポイント

JALマイルはときめきポイント1000ポイント→JALマイル500マイルなので、マイルをためている方でしたら良いでしょう。

dポイントとWAONポイントは共に、ときめきポイント1000ポイントが同率の1000ポイントに交換出来ます。

となると、どこでも使えるdカードプリペイドにチャージできるdポイントに交換で決まりてます。

交換単位は1000ポイント以上、500ポイント単位。

1000ポイントためるには、ポイント10倍の時を狙えば、20000円の買い物で交換できるんですね。

まとめ

ポイントに踊らされてはいけないことは、今までの経験から重々わかっています。

それでも今年は、

出来る限りポイント還元率の高い方法を選ぶ事

目標にしてみました。

陵マイラーに逆戻り。

とはいえマイルばかりをためるわけではありません。

街中で使えるポイント集めです。

俗に言われるポイントサイトはほとんど利用しません。

ポイントをためるのに使う手段はクレジットカードかポイントカードのみです。

この一年でどのくらいたまるでしょうか。

ポイントの亡者にならない程度に頑張ってみたいと思います。

たまに成果報告ありです。