ほぼ日手帳とA5ルーズリーフ『孫と私の家計簿』の使い分けを考えてみた結論は。

ほぼ日手帳からは、離れられません。

  • 手帳にしたら高いもの。
  • 日記にしても高いもの。

カバーの誘惑もあります。

ほぼ日手帳を家計簿として使うことを考えていました。

相変わらずの家計簿放浪生活を送っております・ほぼ日手帳カズンに決められない理由

オリジナル⇒ウィーク⇒カズン

1年で3種類、すべてを試してみた結果、ほぼ日手帳は『孫と私の家計簿』には向かないとの結論に至りました。

それでも手放すことはできません。

家計簿はA5のルーズリーフ

自作家計簿できました・ダイソーの100円A5ルーズリーフです

ダイソーのルーズリーフに決めたのですが、

  • 持ち運びに不便
  • リングが邪魔

との理由でちょっとお高めのルーズリーフを買いました。

これにしたらストレスフリー

  • 薄い・・・持ち運びにベンチ
  • リングが小さい・・・書くのが楽

用紙はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルマン/書きやすいルーズリーフA5 20穴 5mm方眼罫 50枚/L1307
価格:164円(税込、送料別) (2018/11/14時点)

お金をかけている場合ではないのですが、やっぱり毎日使うものは、気に入ったものでないと、長続きしませんよね。

と言い訳をしておりますが。

ほぼ日手帳の位置づけ

さて、A5のルーズリーフで『孫と私の家計簿』を付けることにしました。

という事は、ほぼ日手帳はどうするのでしょう。

役割を考えてみました。

家計簿の補助

A5のルーズリーフだと、細かい明細はかけません。

もともと細かい明細は気にしないで、出て行った金額だけを見ようと思っていたので、

不自由はないのですが。

それでも残しておきたいときは、ほぼ日手帳の出番です。

孫との思い出

  • イベントのチケット
  • 外食のレシート

など、孫との楽しいお出かけ記録は、ほぼ日手帳に貼ることにしました。

一目瞭然、すぐに思い返せます。。

とはいえ、ほぼ日手帳がかなり分厚くなることは覚悟しなくてはいけませんが。

買い物メモ代わり

買わなくてはいけないものを書くメモ代わりに利用。

大抵覚えきれずに忘れてしまうのですが、一度紙に書くという行動をとると、

意外と思い出せるもの。

スマフォに入力よりも記憶には残ります。

日々の記録・備忘録

日々思ったこと、あったことなどを書きとめる。

もちろん日記代わりにも利用します。

見返して、嫌な思いをしないように、極力愚痴などは控えたいと思いますが・・・

さてどうなることでしょう。

まとめ

この2冊を常時持ち歩いています。

家計簿をなぜに持ち歩かなければという思いもありますが、

なんとなくそばに置いておきたいんです。

そうして荷物が大きく重くなるのは覚悟の上。

ほぼ日手帳の使い勝手もなんとなくわかってきました。

このまま来年は手帳ジプシーにならず、この2冊で頑張れたらいいなと思っています。