3月イオンお得カレンダー更新

『あすけん』アプリダイエットの続き~食事のとり方とお酒の飲み方を考えてみました。

低糖質と低カロリー

低糖質と低カロリー

どちらもダイエットには欠かせない方法です。

私はというと、自分のカロリーを把握することを目的として始めたダイエットアプリ『あすけん』

ダイエットアプリ『あすけん』のプレミアム会員に登録したらカロリー計算の鬼になりました

摂取カロリーは1600kcalですと言われ、多いと過剰と怒られ(!?)るので、

カロリーを減らそうと思っていたのです。

ですが、本屋さんで目につくものは低糖質レシピ本ばかり。

低カロリー本が見当たらないんです。

一昔前は低カロリーの本もたくさんあったと記憶しているのですが、

どこに行ってしまったのでしょう。

ダイエットの主流は糖質カット

今のダイエットの主流は糖質カットになっていますよね。

もちろん、糖質カットを目の敵にしているわけではないのです。

やせることは数年前の実践で経験済み。

でもストイックにはまりすぎてしまい(ほとんど糖質を敵とみなし、とり事を極力避けていました)

4kg程落ちたところでラーメンが無性に恋しくなり挫折。

4kgもダイエットに成功したんですよ。

それも確か3か月ほどの短期間で。

そして、無理がたたり、当たり前のようにリバウンドで6kg以上も増えてしまっている現実。

何事もやりすぎてはだめなんですよ。

ほどほどがいいですね。

低カロリーダイエットは節約と一緒!?

低カロリーとは言葉の通り、カロリーを控えるというダイエットの王道です。

摂取カロリーを減らせば理論上体重は減らせるはずなんですよ。

という事で、今の私は1食400kcalにしようと思っているわけです。

そのうち主食はごはん120g程度で202kcal

残り200kcalがおかずになるわけですが・・・

こう考えていくと、なんとなく家計簿を考えている時の記憶がよみがえってきました。

どう考えても無理な様な気がしています。

栄耀不足になりそうですしね。

ダイエットも家計の節約も減らすことは同じなんです。

家計簿の節約の最大の敵は孫でしたが(やめられません)

ダイエットの敵はお酒です。

これもやっぱり孫と一緒で辞められないんです。

という事は上手に付き合っていかなくてはいけません。

お酒のカロリーを減らす

お酒をやめずにダイエットをするという事は、

お酒とも上手に付き合っていくしかないんです。

という事はお酒のカロリーを減らすしか手段を考えした、

  • 淡麗グリーンラベル350ml1缶98kcal
  • 焼酎の水割り(炭酸割り)1杯117kcal 3杯

毎日これだけのお酒を飲むと400kalになってしまうんです。

ところが

  • ワイン1杯(100ml) 73kcal  3杯

焼酎をワインに変えれば100kcal減らせます。

こんなことを考えながら、日々ダイエットに励んでおります。

低カロリーなお酒はどれだ~~~?

ぼたもち

食事方法

朝食&昼食は問題なく低カロリー&低糖質で『あすけん』のお姉さんから毎日褒められております。

朝食は忙しくてご飯とお味噌汁、それに海苔や明太子などしか食べません。

お昼は小さなお弁当です。

問題は夕食

今までは、お酒とともにだらだらなんとなくおつまみを食べ、最後のしめで主食を食べるという食事でした。

おつまみも低カロリーだからとたくさん食べていたことに、カロリー計算をしてみて気が付きました。

低カロリーも積もり積もれば高カロリー

だらだら食べはいけません。

  • 仕事から帰って、とりあえずビール
  • おつまみを一品作ったら食べて飲んで
  • 足りなければまた作る

こんな生活態度を改めなければダメですよね。

まとめ

夕食はまず、料理を作り終えてから食べる。

このことを徹底しようと思います。

大抵の家庭では当たり前の事ですが、我が家では居酒屋状態の夕食になっていました。

これではやせません。

本当はワンプレートご飯を作ってみようかと、プレートを色々探して見たりもしたんですが、続かなければ無駄遣いになってしまいます。

初めは献立を前もって考えることから始めましょう。

今までのように冷蔵庫の中をのぞいて、あるもので食事を作る事も、ある意味節約なんですが、

せっかくパルシステムを頼んでいるのですから、一週間分の献立をたててから注文することも覚えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です