『JCBゴールドカード』を解約しようと電話をした結果

クレジットカードの断捨離には細心の注意が必要です。

解約したら、再度作ることはかなり大変だということ。

もう二度とそのカードは使わないという決心がつかない限り、解約は踏みとどまった方が賢明なんです。

と私は思います。

年会費が無料なカードはもちろん、有料カードでもです。

その縛りで私はもう数年使用していない

『JCBオリジナルのゴールドカード』を解約できずに、年間10,000円+税金を年会費として支払ってきました。

無駄な出費だとはわかっているものの、解約する決断ができないでいたんです。

ですが、

やっと

何とか気持ちに折り合いをつけ、

カードデスクに電話をしたんです。

『退会します』

そうしたら、

なんと

思いもしない誘惑が・・・

オペレーターのお姉さん

退会ではなく、ランクを下げる選択もありますよ~~~

ゴールドカード→一般カード

年会費10,000円から1,300円と端数(忘れてしまいました・・・)

年会費が無くなるわけではありませんが、

10分の一になると思うと、

ついつい誘惑に負けて、ランクを下げることで折り合いをつけてしまったんです。

断捨離・・・不履行・・・

直接オペレーターと話さないと解約できないというのは・・・

カード会社の戦略なんでしょう。

しばらくは、JCB一般カードを眺めて生活してみます。

と思ったら、なんと同じことを昨年もしているではありませんか。

JCBオリジナルゴールドカードを解約しようと思ったけれど踏みとどまった理由とは

今年こそ、ランクを下げ、一般カードに替えます。

後悔はしません。

結局1年考えたことになるんですから(忘れていましたけれどね)

ブログは備忘録。

昨年は最終的に私が仕事を続けているうちは、年会費を払い続けようと決めていましたが、

そのあとに、

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード年会費優遇特典

こんなこともあり、昨年のうちに解約決心はついていたんです。

セゾンゴールドアメリカンエキスプレスカード到着までの道のり

今振り返り思い出しました。

そして会費無料(条件はありますが)のゴールドカードが手元にあります。

忘れないためのブログ、役目はしっかり果たしましたね。