『鬼滅の刃』に映画館の本気を見た

10月16日公開のアニメ映画『鬼滅の刃』

初日から3日間の興行収入が46億円

想像もつかない金額です。

今ではもう100億を超えてしまいました。

すごいですねぇ。

そのうちの数千円を我が家の家族も投資しました。

17日土曜日には次女と初子ちゃん(おばさんと姪のコンビ)

18日日曜日には私と二郎君(おばあさんと孫コンビ)

見に行ったんですよ。

 

60歳にもうすぐなるというおばあさんが、アニメを見に行ったんですよ。

ドラえもんも毎年行ってたんですから、今更恥ずかしくもありませんけど。

そんなおばあさんに二郎君は

二郎

おばあちゃん、つまらないかもしれないけれど寝ないね

そんなことを言ってきました。

知らない内容ならもしかしたら寝てしまうかもしれません(ごめんなさい)

ですが、

ここ半年、二郎君たちはAmazonプライムビデオで、いやというほどテレビアニメの『鬼滅の刃』を見ていたでしょ。

何回も

何十回も

何百回も(これは大げさかな)

孫たちがいるときは、おばあさんもずーっと付き合ってみてたんですよ。

だってテレビ、それしかつけないんですもの。

 

もういっぱしの『鬼滅の刃』通です。

当然、登場人物もきちんと把握しています。

 

大丈夫、寝ませんよ。

しっかり最後まで見させていただきました。

とっても面白かったです。

ネタばれはしません。

ですが、映像きれいでしたねぇ。

 

それよりも、私が関心したのは映画館の変わり身の早さと本気度です。

 

それぞれの映画館での対応に違いはあるでしょう。

これは、私が見に行った地元の映画館の実態です。

実は次女が映画館が混む前にと『鬼滅の刃』が始まる前日にも映画を見に行っていたんです。

その時は、まだまだ前後左右の席は空けていました。

売店には食べ物も多々売っていました。

 

ところがです。

『鬼滅の刃』が始まったとたん、座席の空間は無くなり、すべての席が埋まりました。

その代わり・・・

食べ物禁止。

飲み物はかろうじて可。

 

そして館内放送では

映画館の放送

マスクは必ずしてください。

飲み物を飲むときは外してもいですが(当たり前です)

飲んだらすぐマスクをしてください。

していなければ退場してもらいます

そう来ましたか。

座席に空間を作らない代わりに、食べ物を辞めたんです。

映画に付き物のポップコーンですら販売なしです。

 

そこまで徹底されてたんですね。

 

マスクをすることにすっかり慣れてしまっているので、案外平気でした。

5歳の二郎君もずーっとマスクしていましたから。

そして、毎日4スクリーンで、時間差上映していました。

今までの分をここで取り戻そうとする努力ですよね、きっと・・・

頑張れ!!日本の映画館。

 

グッズの売り切れがなければ、もっとお金が入ったと思うのは私だけでしょうか。

『鬼滅の刃』を見て思いました。

 

ちなみに、一郎君は

一郎

DVDが出たら見るから映画館にはいかないよ

コロナのこともありますが、彼は根本的に人混みが嫌いです。

気持ちはわかりますね。

私も混んでるコストコには、行きたくありませんもの。